2004.03.28

尿中8-ISOは重症中等症高血圧患者およびバルサルタンによる治療の有用なマーカー

 酸化ストレスは様々な疾患や病態発症の機序に関わっており、高血圧症の病態においてもその関与が注目されている。また、アンジオテンシンII(A2)は、酸化ストレスを上昇させることが報告されている。兵庫医科大学循環器内科学の奥村隆啓氏らは、高血圧患者および正常血圧者の血中および尿中の酸化ストレス指標を測定し、血圧との関係について検討した。また、重症中等症高血圧患者に対し、ARB(バルサルタン)を投与し、酸化ストレス指標との関係について検討した。27日のポスターセッションで発表した。

 奥村氏らは、146例の未治療患者を、重症中等症高血圧群(SH群、160mmHg以上/100mmHg以上、26例)、軽症高血圧群(MH群、140〜160未満/90〜100mmHg未満、13例)、正常血圧群(NT群、140mmHg未満/90mmHg未満、107例)の3群に分類した。また、重症中等症高血圧患者8例にバルサルタン80mg/日を3カ月間投与した。患者には早朝空腹で採血・採尿を行い、一般採血および酸化ストレス指標として、血中および尿中(クレアチニン補正)の8-hydroxy-2’-deoxyguanosine(8-OhdG)、8-isoプロスタグランジンF2α(8-ISO)、血中のsuperoxide dismutase活性(SOD活性)、マロンジアルデヒド-LDL(MDA-LDL)の測定を行い、血圧値による3群間で解析した。また、SH群の8例に対し、バルサルタン3カ月投与後にも同様の測定をした。

 その結果、尿中8-ISOおよび尿中8-OhdGはNT群に比べSH群で有意に高値であった(8-ISO;SH 782±108、NT 512±26pg/mg creatinine、8-OHdG;SH 7.9±1.2、NT 5.0±0.4ng/mg creatinine、p<0.05)。これらを年齢、BMI、LDL-C、TG、HDL-C、HbA1cとともにロジスティック解析を行ったところ、年齢、HbA1cとともに尿中8-ISOが、SH群の有意な指標となり得た。また、バルサルタンを投与したSH群8例において、治療終了後の収縮期・拡張期血圧が有意に低下し(SBP;172±6.3-->139±5.4mmHg、DBP;105±5.2-->82.8±4.9mmHg)、尿中8-ISOも有意に低下していた(780±145→630±181pg/mg creatinine、p<0.05)。

 奥村氏はこれらの結果から、酸化ストレス指標のうち、尿中8-ISOは重症中等症高血圧の有用な指標であると述べた。また、バルサルタン投与により、血圧および尿中8-ISOが有意に低下したことから、血圧と酸化ストレスの間には密接な関係があり、尿中8-ISOはこの関係をみるための有用な指標と考えられると語った。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 医師が頼れる「デキる事務職員」はこう育てる 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:68
  2. 棺桶に入るまでにやりたいことリスト (前編) テクノ アサヤマの「今日がいちばんいい日」 FBシェア数:36
  3. 「老衰」って何だろう? 短期集中連載◎なぜ今『救急×緩和ケア』なのか part III FBシェア数:100
  4. 救急診療で鑑別診断と同じくらい大切なこと 「医療」ってなんだっけ FBシェア数:0
  5. 【レッスン5】異常陰影を指摘せよ(難易度 中) 山口哲生の「目指せ!肺癌検診の達人」 FBシェア数:27
  6. 突然発症の右腰背部痛、腎機能低下も認めたら… カンファで学ぶ臨床推論 FBシェア数:0
  7. 餅の窒息や風呂での溺水で警察は呼ぶ? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:47
  8. 胸水中ヒアルロン酸のカットオフ値はどこ? 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:18
  9. 周術期のヘパリンブリッジはもういらない? プライマリ・ケア医のための心房細動入門リターンズ FBシェア数:222
  10. 10連休における医療提供体制の確保を速やかに トレンド(DIオンライン) FBシェア数:145
医師と医学研究者におすすめの英文校正