2004.03.25

【花粉症対策の健康食品調査】その5 患者・消費者からの相談機会は薬剤師が医師を上回る

 調査では、機能性食品やサプリメントの使用方法について、患者や消費者からどの程度相談を受ける機会があるかを四択式で尋ねた。



 患者から相談を受ける機会が「よくある・時々ある」と答えた医師は、合わせて36%に留まった。一方、薬剤師では合計61%となった(図4)。

 また、患者から相談を受ける機会が「よくある・時々ある」と回答した医師・薬剤師に対し、花粉症対策食品によく配合される15成分を挙げ、「花粉症患者からよく相談される成分」(複数回答)についても尋ねた。

 その結果、医師は「乳酸菌」「甜茶」「シソ」、薬剤師は「甜茶」「シジュウム茶」「シソ」について相談を受ける機会が多いことがわかった(図5)。
 


 この調査結果は、3月15日に発行した『日経ヘルス特別編集版』−エビデンスに基づく健康志向商品づくりの専門情報(見本誌)−でも紹介しています。 MedWaveをご覧の皆様の中から、抽選で100名様にこの特別編集版を贈呈いたします。
→応募はこちらから。

■ 参考トピックス ■
◆ 2004.3.22 花粉症対策の健康食品調査】その1
花粉症対策の食品成分、医師・薬剤師の認知度No.1は「乳酸菌」

◆ 2004.3.23 花粉症対策の健康食品調査】その2
花粉症対策の食品成分、医師と薬剤師で認知度に格差

◆ 2004.3.23 花粉症対策の健康食品調査】その3
医師・薬剤師が「詳しい臨床データを知りたい」食品成分トップも「乳酸菌」

◆ 2004.3.23 花粉症対策の健康食品調査】その4
医師・薬剤師が注目する商品、トップは「KW乳酸菌ヨーグルト」

■ お知らせ ■

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 初期研修は地方ですべし 「医療」ってなんだっけ FBシェア数:119
  2. パーキンソニズムの定義変更、早期からL-ドパを トレンド◎パーキンソン病ガイドラインが7年ぶりに改訂 FBシェア数:186
  3. 専攻医募集で総合診療が「惨敗」、その理由は? 記者の眼 FBシェア数:2
  4. ベンゾ長期処方が大幅減額、その対策は? リポート◎診療報酬改定で向精神薬処方がしにくくなる!? FBシェア数:16
  5. 学会のスライド撮影禁止はいつまで? 記者の眼 FBシェア数:21
  6. 医師は金遣いが荒すぎる! Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:1
  7. 2018年度ダブル改定で「看取り」の解釈が拡大 記者の眼 FBシェア数:2
  8. 東京医科大の不正入試問題は氷山の一角? 記者の眼 FBシェア数:116
  9. マイスリーの一発アウトにご注意を!? セキララ告白!個別指導 FBシェア数:0
  10. 抗不安薬:長期処方で減点もデパス人気変わらず NMO処方サーベイ FBシェア数:53
医師と医学研究者におすすめの英文校正