2004.03.23

亜急性期の在宅復帰支援担当者、「病棟業務との兼務は適当ではない」

 2004年診療報酬改定の目玉の一つとして新設された亜急性期入院医療管理料。厚生労働省は、その算定要件の中で、「在宅復帰支援機能を果たす担当者は看護師でもいいが、病棟業務との兼業は適切ではない」(保険局医療課)との見解を明らかにした。

 亜急性期入院医療管理料の算定要件は、「在宅復帰支援担当者を専任で1名以上配置」とされているが、どんな職種の人がどのような形で関わればいいのか、明確にされていなかった。メディカルソーシャルワーカーが厚労省の描くイメージに最も近いと言われているが、「メディカルソーシャルワーカーは、まだ国家資格がないので、実際にそうした仕事をできる人であれば、担当者の資格は問うていない」(同)。

 ただし、看護師が病棟業務と兼務する場合については、「亜急性期入院医療における在宅復帰支援機能は非常に重要だと考えており、病棟業務と兼務で担当した場合、病棟業務に拘束されて十分に役割が果たせない恐れがあり適切ではない。この点については後日、Q&Aなどで明らかにしたい」として、否定的な見方をしている。

 日経ヘルスケアでは、4月号(4月8日発売)の巻頭特集で、診療報酬改定について詳細に解説した「徹底解剖!2004年診療報酬改定」を掲載しますので、ご参照ください。(沖本健二、日経ヘルスケア21

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 入試不正なんてどこにでもある。何をいまさら… 特集◎波紋広がる東京医大の入試不正事件《5》私立大卒医師匿名座談会 FBシェア数:75
  2. 「絶食、スルバクタムアンピシリン」でいいの? 吉松由貴の「誤嚥性肺炎、診療の知恵袋」 FBシェア数:193
  3. 70歳代男性。食思不振、湿性咳嗽 日経メディクイズ●胸部X線 FBシェア数:0
  4. 発症後4.5〜9時間の脳梗塞にもtPAは有効 特報◎第11回世界脳卒中会議(WSC2018) FBシェア数:276
  5. 臥位の腹部X線でもイレウスを発見できる 西野徳之の「実践! 消化器ローテク診療」 FBシェア数:98
  6. 骨粗鬆症診療では診断基準のみをアテにするな 宗圓聰の「総ざらい骨粗鬆症診療」 FBシェア数:10
  7. 「優秀だから」指導してもらえない中途採用者 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:14
  8. 2回心停止した重症外傷患者の生還 シリーズ◎忘れられないカルテ FBシェア数:12
  9. 裏口入学の斡旋を「無視してよかった」 シリーズ◎医師を狙う悪い奴ら《5》手口の実態(後編) FBシェア数:33
  10. 採血を失敗し、患者に激怒された 患者とのコミュニケーション困難事例と対処法 FBシェア数:49
医師と医学研究者におすすめの英文校正