日経メディカルのロゴ画像

2004.03.20

【花粉症対策の健康食品調査】その1 花粉症対策の食品成分、医師・薬剤師の認知度No.1は「乳酸菌」



 『日経ヘルス』とMedWaveは、2月16日から23日までの8日間、医師と薬剤師を対象に花粉症に対する機能性食品やサプリメント(健康食品を含む)の認知度調査を行った。MedWaveの会員を対象に、Webアンケートへの協力を呼びかけ、454人から協力が得られた。本日からその結果概要を報告する。

 調査ではまず、花粉症対策の食品成分として多くの商品に配合されている15成分を挙げ、医師と薬剤師のそれぞれに「知っている成分」を選択してもらった(複数回答)。

 その結果、医師(295人)が最も認知している成分は「乳酸菌」で、薬剤師(159人)では「甜茶」が第1位だった。両者を合わせた総合認知度では、僅差で乳酸菌が第1位となった(図1、2)。





 なお、調査にご協力いただいた医師・薬剤師の年齢分布などは表の通り(皆様方のご協力に感謝いたします)。

*この調査結果は、3月15日に発行した『日経ヘルス特別編集版』−エビデンスに基づく健康志向商品づくりの専門情報(見本誌)−でも紹介しています。

 MedWaveをご覧の皆様の中から、抽選で100名様にこの特別編集版を贈呈いたします。
→応募はこちらから。







■ お知らせ ■
「医師も戸惑う健康情報」が本になりました