日経メディカルのロゴ画像

2004.03.19

【インフルエンザ速報】 国内で流行のH5N1ウイルス、韓国株と「遺伝的に極めて近縁」、農水省が発表

 農林水産省は3月19日、これまで国内で発生した山口、大分、京都などの流行で分離された高病原性トリインフルエンザウイルス(H5N1)が、韓国で2003年12月に発生した流行で分離されたウイルスと相互に99%以上の一致を示し、「遺伝的に極めて近縁の関係にある」と発表した。つくば市の動物衛生研究所が分析を進めていたもの。

 ただし農水省は、これだけの情報では国内で検出されたウイルスが韓国由来とは言えず、さらに分析が必要としている。

 農水省のプレスリリースはこちらまで。(中沢真也)


■ 参考図書 ■