2004.03.12

新・調剤報酬の算定要件が明らかに 分割調剤は医療機関への「照会」が必要

 厚生労働省はこのほど、2004年度診療報酬改定に伴う実施上の留意事項について通知した。調剤報酬に関する主な内容は以下の通り。

 今改定で初めて点数評価がなされた分割調剤については、従来同様、分割理由等の必要な事項を調剤録へ記入するとともに、新たに処方せん受付時に医療機関等へ「照会」することが義務づけられた。この二つの要件を満たした場合に、2回目以降の調剤については、1分割調剤につき調剤基本料として5点が算定できる。

 調剤料では、内服薬調剤料の「3剤まで」との算定上限が、新設された浸煎薬の調剤料、湯薬の調剤料、一包化薬の調剤料にも適用されることになった。すなわち1調剤につき120点と設定されている浸煎薬および湯薬については、どちらも3調剤までしか算定できない。これらの点数が内服薬調剤料と重複した場合は、1剤を1調剤、あるいは1調剤を1剤と換算し、3剤(3調剤)までが算定上限となる。

 また、1週間分ごとに97点と設定されている一包化薬については、従来同様、剤数でカウントすることになった。これにより、例えば、朝食後、朝夕食後、毎食後といった3剤の薬剤に関して一包化の指示が出ていて、他に就寝前の薬剤があった場合、4剤目に当たる就寝前の調剤料の算定は認められない。

 このほか、薬剤情報提供料1の点数引き上げに伴い、お薬手帳には従来の内容に加え「投薬された薬剤により発生すると考えられる症状(相互作用)」も記載することになった。また、算定要件が分かりにくいとされていた特別指導加算については、新たに「収集した患者情報をもとに薬学的知識に基づき、分析・検討を行う」といった具体的な指針が盛り込まれた。
(庄子育子、日経ドラッグインフォメーション

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 医師が頼れる「デキる事務職員」はこう育てる 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:68
  2. 棺桶に入るまでにやりたいことリスト (前編) テクノ アサヤマの「今日がいちばんいい日」 FBシェア数:36
  3. 「老衰」って何だろう? 短期集中連載◎なぜ今『救急×緩和ケア』なのか part III FBシェア数:100
  4. 救急診療で鑑別診断と同じくらい大切なこと 「医療」ってなんだっけ FBシェア数:0
  5. 【レッスン5】異常陰影を指摘せよ(難易度 中) 山口哲生の「目指せ!肺癌検診の達人」 FBシェア数:27
  6. 突然発症の右腰背部痛、腎機能低下も認めたら… カンファで学ぶ臨床推論 FBシェア数:0
  7. 餅の窒息や風呂での溺水で警察は呼ぶ? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:47
  8. 胸水中ヒアルロン酸のカットオフ値はどこ? 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:18
  9. 周術期のヘパリンブリッジはもういらない? プライマリ・ケア医のための心房細動入門リターンズ FBシェア数:222
  10. 10連休における医療提供体制の確保を速やかに トレンド(DIオンライン) FBシェア数:145
医師と医学研究者におすすめの英文校正