日経メディカルのロゴ画像

2004.03.12

【ACC2004速報】 スタチン+エジチミブでLDL-Cを平均23%減少:EASE試験

 腸内のコレステロール吸収を阻害する新タイプの高脂血症治療薬エジチミブをスタチンと併用する初の大規模臨床試験では、プラセボと比較してLDL-Cが平均23%減少するという成果が得られた。患者属性やスタチンの種類にかかわらず安定した効果が得られるので、臨床の場での使い勝手に期待がもてそうだ。3月10日のLate Breaking Clinical Trialセッションで、米Rochester大学医学歯学校のThomas Pearson氏(写真)が報告した(詳細はこちらへ)。