2004.03.11

【ACC2004速報】 埋め込み型除細動器治療で心不全患者の心停止死亡リスクが23%減少:SCD-HeFT試験

 心不全患者に対する埋め込み型除細動器(ICD)と抗不整脈薬アミオダロンの効果を検証した大規模臨床試験「SCD-HeFT(Sudden Cardiac Death in Heart Failure Trial)」の結果が報告され、ICDは総死亡リスクを減少させ、抗不整脈薬は効果なし、という結果が発表された。3月8日の口演Late Breaking Clinical Trialセッションで米Seattle心臓研究所のGust H. Bardy氏が報告した。

 SCD-HeFTでは中等度、重度の心不全があり、左心機能低下(EF値=35%以下)がある2521人を対象とした。これを3分の1ずつICD、抗不整脈薬、プラセボの3群に無作為に割り付けた。すべての患者は通常の心不全治療に用いられるACE阻害薬、β遮断薬、利尿薬、スタチン、アスピリンなどの投薬を含む標準的な治療を受けることができるようにした。一次エンドポイントは総死亡の相対リスクである。

 約5年間の追跡の結果、プラセボ群に対するアミオダロン群の相対リスクは1.06(0.86〜1.30)で有意差が得られなかった。これに対してICD群では相対リスクが0.77倍(0.62〜0.96)となり、プラセボ群に対して総死亡を23%有意に減少させた。

 Bardy氏は、「試験に参加した患者はACE阻害薬、ARB、β遮断薬、スタチンなどの投薬による適切な治療を受けている、ICD治療群ではその上でさらに死亡リスクが減少した形であり、有効性が確認された」としている。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 最年少教授が拓く「臓器の芽」による新移植医療 特集◎再生医療はここまで来た!《4》 FBシェア数:162
  2. いざ本番!失敗しない「試験直前の過ごし方」 総合内科専門医試験 「一発合格」への道 FBシェア数:21
  3. お尻に注入しないで!(食事中に閲覧しないで) 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:121
  4. 若年男性に生じた腹痛、必ず聞くべきことは? カンファで学ぶ臨床推論 FBシェア数:0
  5. 製薬企業と医師との付き合い方はどう変わる? ニュースウォッチャー井上雅博の「世相を斬る」 FBシェア数:259
  6. パーキンソニズムの定義変更、早期からL-ドパを トレンド◎パーキンソン病ガイドラインが7年ぶりに改訂 FBシェア数:213
  7. 米国糖尿病学会が薬物治療ガイドライン改訂案 詳報◎CVDや心不全合併例にはSGLT2阻害薬を推奨 FBシェア数:49
  8. 前日の決定を忘れる認知症患者への対応は? アドバンス・ケア・プランニング事始め FBシェア数:98
  9. 初期研修は地方ですべし 「医療」ってなんだっけ FBシェア数:152
  10. ベンゾ長期処方が大幅減額、その対策は? リポート◎診療報酬改定で向精神薬処方がしにくくなる!? FBシェア数:18
医師と医学研究者におすすめの英文校正