2004.03.11

メタボリックシンドローム例と糖尿病例のリスク層別化にCRPを利用可能

 近年、動脈硬化性疾患のマーカーとして注目されているC反応性タンパク(CRP)が、カテゴリー化するとメタボリックシンドローム(MetS)例における冠動脈イベントの有力な予知因子であると、米国University of CaliforniaのSahista Malik氏が報告した。米国の大規模横断試験を解析した結果で、セッション「メタボリックシンドロームと動脈硬化惹起的脂質代謝異常」で報告された。

 Malik氏らが解析したのは、1988年から1994年にかけて行われた米国の大規模横断研究である「第3次全米健康栄養調査(NHANESIII)」対象のうち、17〜75歳で、心血管系危険因子と血中「CRP値」のデータがそろっていた6497例。NHANESIIIではCRP値を「3mg/dl未満」(CRP低値)と「3mg/dl以上」(CRP高値)の二つに分けていたため、6497例を「低値」群と「高値」群に分け、その他の危険因子を比較したところ、「HDLコレステロール(HDL-C)濃度」はCRP「高値」群で有意に高く、「LDLコレステロール」、「トリグリセライド」濃度、「収縮期・拡張期血圧」、「空腹時血糖値」、「腰回り」はいずれも「高値」群で有意に高かった。

 また、これら6497例の心血管系イベント既往歴から算出すると、CRP「低値」群に比べ、心血管系イベントの相対リスクは「高値」群で1.75倍、有意に増加していた(95%信頼区間:1.27〜2.42)。そこで、「糖尿病」、「MetS」例の心血管系イベント相対リスクを、CRP「低値」、「高値」の2群に分けて検討した。

 すると、「MetS(−)、糖尿病(−)、CRP低値」群に比べ、「MetS(−)、糖尿病(−)、CRP高値」群の相対リスクは1.67に有意に増加していた。同様にMetS例では、CRP低値群で1.69だった相対リスクが高値群では2.35と、倍増に近い有意な増加を示した。この傾向は糖尿病例で更に顕著になり、1.98だったCRP低値群のリスクが、高値群では5.60と2倍以上の有意な増加を示していた。この傾向は、男女別に検討しても、おおむね同様だった。

 なお、これらの相対リスクは、年齢、性別など、他の危険因子を全て補正後の数字である。横断的研究のデータ解析のため、CRP高値と心血管系イベント発生の時間的関係が不明という限界があり、「今後、縦断的研究で確認する必要がある」と条件を付けながらもMalik氏は、「MetS例、糖尿病例のリスク層別化に、CRPは有用だ」と結論付けた。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 48歳男性。微熱、咳嗽、胸部異常陰影 日経メディクイズ●胸部X線
  2. 初期研修医がやってしまいがちな10の失敗例 Cadetto通信
  3. 最も早い大予測! 2020診療報酬改定はこうなる 日経ヘルスケアon the web
  4. 腹痛による不登校を繰り返す児童で考えたいこと 田中由佳里の「ハラワタの診かた」
  5. 「市販薬が効かない」と言う花粉症患者への処方は? 総復習!花粉症診療
  6. 両側気胸はバッファローチェストが原因? 倉原優の「こちら呼吸器病棟」
  7. 胸部X線画像に現れる人騒がせなあの徴候 撮っておきClinical Picture!
  8. 開業の融資獲得に準備した2つの“秘密兵器” 谷口恭の「梅田のGPがどうしても伝えたいこと」
  9. その爪の赤色、出血? それとも腫瘍? 佐藤俊次の「毎日使うダーモスコピー!」
  10. その「暴れる患者」はただの暴れん坊なのか? EM Allianceの「知っ得、納得! ER Tips」
医師と医学研究者におすすめの英文校正