日経メディカルのロゴ画像

2004.03.10

【ACC2004速報】 ブッシュ大統領夫人が女性の心疾患認知キャンペーンで来訪、良妻賢母論をアピール

 本学会のスペシャルイベントは米大統領夫人ローラ・ブッシュの特別講演である。ローラ夫人は3月8日朝に開催されたキーノートセッションに特別出演し、会場を埋めた心臓専門医に対して、女性の心疾患に対する理解と患者教育の必要性を訴える「Heart Truth(心臓の真実)」キャンペーンへの参加を呼びかけた。

 Heart Truthは、心疾患に対する女性の関心を高めようという狙いの国民的運動で、米国厚生省(NIH)の機関である国立心肺血管協会(NHLBI)がスポンサーになっている。ACCのほか、米国心臓協会(AHA)が運動を推進している。シンボルは赤いドレス。毎年最新ファッションが登場する。ローラ夫人も真っ赤なドレスを着て登場した。もちろん彼女が着るのはデザイナーの特別誂え品だ。

 講演の中でローラ夫人は、「調査によれば、女性の死因の第1位が心疾患であることを知っていた女性は、2000年には34%に過ぎなかったが、2001年に始まったHeart Truthキャンペーンにより、2003年には46%まで認知度が上昇した」とまず活動の成果を持ち上げた。

 夫人は、「女性は食料品の購入や調理を分担することが多く、ヘルスケアに関する家庭の意志決定の70%を担っている。したがって、医師が女性の教育に力を入れれば、結果として米国民全体の健康度を向上できる」と述べ、古き良き米国の家庭像、女性像をアピールした。

 米国では、国民の肥満化がどうしようもないところまで来ている。子どもを含め、一家全員が肥満という家族を見かけるのも珍しくない。ローラ夫人の言うように、生活習慣改善に対する母親的介入が今こそ求められているのかもしれない。(中沢真也)