2004.03.09

「老年病専門医」「心臓血管外科専門医」など5資格が広告可能に

 日本透析医学会、日本脳神経外科学会など7団体が認定する五つの専門医資格が、3月1日から広告できるようになった。厚生労働省医政局が同日までに資格認定団体届出を受理、各都道府県の医政主管部長に通知した。今回の「広告できる資格者」追加で、新たに1万3000人の医師が、新規の専門医資格を広告できるようになる。

 今回追加された広告可能専門医資格と、認定団体は次の通り。

 ◇日本透析医学会(会員医師数:9627人):透析専門医(認定医師数:3611人)
 ◇日本脳神経外科学会(7913人):脳神経外科専門医(5812人)
 ◇日本リハビリテーション医学会(9387人):リハビリテーション科専門医(783人)
 ◇日本老年医学会(6428人):老年病専門医(1471人)
 ◇日本胸部外科学会(8840人):心臓血管外科専門医(1371人)
 ◇日本血管外科学会(2451人):心臓血管外科専門医(711人)
 ◇日本心臓血管外科学会(3781人):心臓血管外科専門医(1388人)

 このうち、日本胸部外科学会、日本血管外科学会と日本心臓血管外科学会は、3学会共同で「心臓血管外科専門医認定機構」を設置、共通の認定基準で学会員の専門医認定を行っている。学会員の重複分を除いた「心臓血管外科専門医」の実数は、2003年12月現在で1406人だ。

 心臓血管外科専門医のように、複数の学術団体が共通の基準で認定する専門医資格の広告が認められたのは、今回が初めて。なお、日本胸部外科学会は心臓血管外科専門医のほか、日本呼吸器外科学会と共同で設置した「呼吸器外科専門医認定機構」を通し、「呼吸器外科専門医」の認定も行っている。同専門医数は2003年12月現在、両学会合わせて766人で、今年4月にも厚生労働省に広告可能資格としての届け出を行う予定だ。

 この件に関する厚生労働省のニュース・リリースは、こちらまで。(内山郁子)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 開業したら色んな業者がワッと寄ってきました シリーズ◎医師を狙う悪い奴ら《8》座談会 in 大阪 FBシェア数:24
  2. 職員を採用できずに開業した医師が語った事情 その開業、本当に大丈夫ですか? FBシェア数:29
  3. 人生会議、いつ誰とどこで何をどう話すの? アドバンス・ケア・プランニング事始め FBシェア数:18
  4. 良かれと思って書いた診断書が元で窮地に 特集◎これってコンプライアンス違反?《7》診断書作成 FBシェア数:34
  5. 緊迫する救急外来、そのとき薬剤師は アンサングシンデレラ 病院薬剤師 葵みどり FBシェア数:47
  6. 気胸が緊張性気胸に移行、その瞬間を見た! 患者到着前から始まるエマージェンシー臨床推論 FBシェア数:51
  7. 中小病院が救急車1000台を受けられたワケ 東謙二の「“虎”の病院経営日記」 FBシェア数:66
  8. 下痢に乳酸菌は意味がない!? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:18
  9. 心房細動の脳卒中リスク評価は毎年更新すべき 駒村和雄の「健康寿命で行こう」 FBシェア数:27
  10. 81歳男性。立ち上がれない 日経メディクイズ●救急 FBシェア数:0
医師と医学研究者におすすめの英文校正