日経メディカルのロゴ画像

2004.03.09

【ACC2004速報】 高めの「適正」血圧は高血圧の発症リスク、100/70mmHg未満の維持がベスト

 高血圧予備軍には入らない収縮期血圧120mmHg以下、拡張期血圧80mmHg以下の「適正」血圧でも安心はできないようだ。大規模コホートの健診データを基にした後ろ向き研究の結果、適正血圧域でも血圧が高いほど将来の高血圧の発症リスクが高いことが分かった。3月7日のポスターセッション「高血圧:病態生理学とリスクファクター」で、Kaiser医療保険プログラムのShubha Ananthakrishnan氏が報告した(詳細はこちらへ)。