日経メディカルのロゴ画像

2004.03.08

ワルファリンによる出血リスクに人種差、非白人は白人の2.3倍

 梗塞治療に関する大規模試験CARSのデータを解析した結果、ワルファリンの投与量が適切であるにもかかわらず発生する出血には、患者の属性が関与しており、INRの高い高年齢の非白人は出血リスクが有意に高いことが分かった。3月7日のポスターセッション「動脈硬化と血栓の治療」で、Duke大学医療センターのHenock Saint-Jaques氏が発表した。

 Saint-Jaque氏らは、心筋梗塞患者8803人に対して、アスピリン単剤投与とワルファリンと低容量のアスピリンの併用を比較した大規模二重盲検試験CARS(Coumadin Aspirin Reinfarction Study)において、1日3mgのファルファリン投与を受けた2913人を対象として、重大な出血の発生リスクと患者属性の関連性を解析した。重大な出血とは、頭蓋内出血か外科的処置を必要とする持続的な出血、血中ヘモグロビン濃度の2g/dl以上の低下、あるいは出血による死亡、視力低下、聴力低下のいずれかが発生した場合を指す。

 解析の結果、患者属性のうち、年齢(5歳上昇)は1.32倍、人種(非白人)は2.29倍の有意な相対リスク上昇をもたらした。一方、β遮断剤使用の相対リスクは0.45倍と有意に低く、出血に対して保護的に作用することが判明した。

 人種差について、Saint-Jaque氏は、「何らかの遺伝的要因が関与している可能性がある」としている。(中沢真也)