2004.03.05

【連載:がんの治療成績を読む】 その8 パート2  全国がん(成人病)センター協議会加盟施設の治療成績  がんセンターと併設病院に格差、診療技術と患者背景の区別必要



 これまで、地域がん診療拠点病院のホームページにおける開示情報を見てきたが、今回から数回にわたって、「全国がん(成人病)センター協議会」(以下、全がん協)加盟施設の治療成績について考察していきたい。

 全がん協に加盟する29施設は、日本のがん治療の中核となる施設である。最先端、最善の治療が、同等の医療技術と医療品質で行われていてしかるべきだ。だが、これらの施設の中でも歴然とした成績格差が存在していると考えられる。  

 <>は、全がん協加盟施設を「がんセンター群」(がん治療を専門とする施設)、成人病センター群」(虚血性心疾患、生活習慣病なども治療する施設)、「総合病院群」(幅広い疾患を診療する施設)、「総合病院併設型がんセンター群」、「総合病院併設型成人病センター群」の五つにタイプ分けして成績を見たものだ。厚生労働省のがん研究助成金による研究班が、2003年4月にまとめたデータだ。

 施設全体の「がん治療5年生存率」について、最高の「がんセンター群」の62.63%と、最低の「成人病センター群」の53.75%の間には8.88ポイントもの差がある。

 こうした差の主因として、医療技術の差と患者背景(重症度や年齢など)の違いが考えられる。

 後者は、1.がん検診を多数行い早期患者を捕捉する施設は成績が高めに出る、2.乳がんなど生存率が比較的高い患者の比率が高い施設は成績が高めに出る、3.紹介制で手術の適応が明確な患者のみを受け入れる施設は成績が高めに出る、4.合併症が多い患者を積極的に受け入れる施設は成績が低めに出る−−などが考えられる。

 こうした要因を除外するには、患者の疾病、病期、病態、年齢などによって調整した期待生存率と比べる必要がある。    

 次回は、施設間の成績格差から「推定喪失患者数」という概念を考えてみる。

(埴岡健一、日経メディカル


*随時掲載ですが、当面は毎日掲載する予定です。
*読者からの情報提供をお待ちしています。癌の治療成績に関するデータやご意見があれば、お寄せください。今後の連載の参考にさせていただきます。
宛先:khanioka@nikkeibp.co.jp

■<連載目次へ

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 東京医科大の不正入試問題は氷山の一角? 記者の眼 FBシェア数:105
  2. 麻酔科専門医の更新要件変更で広がったある憶測 記者の眼 FBシェア数:185
  3. ベンゾ長期処方が大幅減額、その対策は? リポート◎診療報酬改定で向精神薬処方がしにくくなる!? FBシェア数:0
  4. 医師は金遣いが荒すぎる! Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:0
  5. 「CHADS2スコア0点1点問題」を真剣に考える プライマリ・ケア医のための心房細動入門リターンズ FBシェア数:126
  6. 「これは内部告発だ」 個別指導を受けた院長の確… クリニック事件簿 FBシェア数:104
  7. 腹痛患者への「反跳痛」はもういらない? 中山祐次郎の「切って縫うニュース」 FBシェア数:92
  8. ロセフィンの重大な副作用に「精神神経症状」が追加 佐古みゆきの「添付文書改訂ウオッチ」 FBシェア数:169
  9. 訪問先の家族を見てついしてしまうこと 病院珍百景 FBシェア数:28
  10. 「急変時どうしますか」って聞いちゃいます? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:0
医師と医学研究者におすすめの英文校正