2004.03.03

【連載:がんの治療成績を読む】 その5 がん拠点病院の治療成績(大腸がん編) 大腸がんの5年生存率、結腸、直腸の個別開示が重要

 今回は大腸がんの生存率を見る。<>は、地域がん診療拠点病院のホームページから、比較的情報公開が進んでいると思われる幾つかの施設の大腸がん5年生存率を拾い上げ、表にしたものだ。

 標準的な成績の目安として、全国がん(成人病)センター協議会加盟施設の集計データ(注)も掲載した。大腸がんのうち、結腸がんと直腸がんでは生存率がかなり異なるため、それぞれ分けて成績を出すケースが増えている。

 全がん協施設の結腸がんの5年生存率は、病期Iで85.8%、病期IIで85.1%、病期IIIで65.3%、病期IVで24.5%である。直腸がんでは、病期Iで82.0%、病期IIで66.2%、病期IIIで59.5%、病期IVで23.6%となっている。

 施設別に見てみよう。

 都立駒込病院や高知県立中央病院は、結腸がんと直腸がんを分けて表示している。

 武蔵野赤十字病院、高知県立中央病院、九州がんセンターなどは比較的高い成績を示しているようだ。一方で、鳥取県立厚生病院などの成績は振るわないようだ(標準的な成績に対して統計学的に有意な差があるかどうかは、さらなる分析を必要とする)。

 全がん協のデータを見ると、結腸がんと直腸がんでは、病期IIで18.9ポイント、病期IIIで5.8ポイントの生存率差がある。各病院の開示においても、この2疾病は分けて示されることが望まれる。

 次回は乳がんを見る。
                        
(埴岡健一、日経メディカル

表の注:群馬県立がんセンター、埼玉県立がんセンター、千葉県立がんセンター、国立がんセンター中央病院、癌研究会付属病院、神奈川県立がんセンター、国立病院四国がんセンター、国立病院九州がんセンター、茨城県立中央病院、東京都立駒込病院、新潟県立がんセンター、滋賀県立成人病センター、大阪府立成人病センター、兵庫県立成人病センター、山形県立成人病センター、福井県立成人病センター、岩手県立中央病院、国立大阪病院、山口県立中央病院の19病院の集計データ。なお、全がん協のうち、宮城県立がんセンター、栃木県立がんセンター、国立がんセンター東病院、愛知県がんセンター、国立札幌病院、国立呉医療センター、青森県立中央病院、富山県立中央病院、国立名古屋病院、佐賀県立好生館病院のデータは含まれていない。

*随時掲載ですが、当面は毎日掲載する予定です。
*読者からの情報提供をお待ちしています。癌の治療成績に関するデータやご意見があれば、お寄せください。今後の連載の参考にさせていただきます。
宛先:khanioka@nikkeibp.co.jp

■<連載目次へ


Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. ランチョン廃止で900万円を失った学会の運営術 特集◎新専門医制度時代の学会と専門医《3》 FBシェア数:1710
  2. 「20日間無料」のサービスに申し込んだら… 開業の落とし穴 FBシェア数:9
  3. 救急医に必要な2つの判断能力 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:74
  4. 終末期癌患者の鎮静に8年ぶりの手引き リポート◎鎮静に新たな概念を導入 FBシェア数:449
  5. 「無給医は必要悪」では済まされない シリーズ◎医師の働き方改革 FBシェア数:328
  6. インフルエンザに対する漢方薬の効果は? 青島周一の「医療・健康情報を読み解く」 FBシェア数:292
  7. 細菌性腸炎の特徴的所見は何か? 今さら聞けない画像診断のキホン FBシェア数:4
  8. ジョーンズの美女は木に姿を変えて男を待つ 日経おとなのOFF presents 医師の絶対教養 美術編 FBシェア数:1
  9. 製薬マネーの減少が学会を窮地に追い込む 特集◎新専門医制度時代の学会と専門医《2》 FBシェア数:1274
  10. 2040年に必要な病院は今の半分、4000ぐらい… シリーズ◎医療・介護業界を襲う「2040年問題」 FBシェア数:161
医師と医学研究者におすすめの英文校正