日経メディカルのロゴ画像

2004.03.02

【連載:がんの治療成績を読む】 その4 がん拠点病院の治療成績(胃がん編) 胃がんの5年生存率、II期、III期に格差大

 今回は胃がんの生存率を見る。

 <>は、地域がん診療拠点病院のホームページから、比較的情報公開が進んでいると思われる幾つかの施設の胃がん5年生存率を拾い上げ、表にしたものだ。

 標準的な成績の目安として、全国がん(成人病)センター協議会加盟施設の集計データ(注)も掲載した。全がん協施設の5年生存率は病期Iが88.7%、病期IIが63.6%、病期IIIが43.7%、病期IVが18.9%である。

 施設別に見てみよう。

 高知県立中央病院や久留米大病院は、比較的高い成績を示しているようだ。一方で、日本医大付属多摩永山病院の成績は振るわないようだ(標準的な成績に対して統計学的に有意な差があるかどうかは、さらなる分析を必要とする)。

 注目すべきはII期、III期に比較的大きな生存率の格差が見られることだ。一般にがんの治療では、早期では期待生存率が高いため、末期には期待生存率が低いため、施設間の実力差が出にくいと言われる。II、III期の生存率の差が実力差を反映している可能性が高い。言い換えると、II、III期の成績が不良の施設が、その成績が優良な施設に近づけることで全体の成績の底上げが望めるのだ。

 次回は大腸がんを見る。

(埴岡健一、日経メディカル


注:群馬県立がんセンター、埼玉県立がんセンター、千葉県立がんセンター、国立がんセンター中央病院、癌研究会付属病院、神奈川県立がんセンター、国立病院四国がんセンター、国立病院九州がんセンター、茨城県立中央病院、東京都立駒込病院、新潟県立がんセンター、滋賀県立成人病センター、大阪府立成人病センター、兵庫県立成人病センター、山形県立成人病センター、福井県立成人病センター、岩手県立中央病院、国立大阪病院、山口県立中央病院の19病院の集計データ。なお、全がん協のうち、宮城県立がんセンター、栃木県立がんセンター、国立がんセンター東病院、愛知県がんセンター、国立札幌病院、国立呉医療センター、青森県立中央病院、富山県立中央病院、国立名古屋病院、佐賀県立好生館病院のデータは含まれていない。

*随時掲載ですが、当面は毎日掲載する予定です。
*読者からの情報提供をお待ちしています。癌の治療成績に関するデータやご意見があれば、お寄せください。今後の連載の参考にさせていただきます。
宛先:khanioka@nikkeibp.co.jp

■<連載目次へ