日経メディカルのロゴ画像

2004.03.02

FDAが5〜16歳用の心室補助装置を承認

 米国食品医薬品局(FDA)は2月26日、5〜16歳向けの心室補助装置「Humanitarian Device Exemption」 (HDE)を承認した。これは、左心室が血液を排出する機能を助ける装置で、心移植を待つ人が対象となる。大人向けの同様な装置は既にあるものの、子供向けはこれが初めて。

 FDAによると、米国で毎年100人未満が、同装置の使用対象となるとしている。重症な左室不全を持つ子供たちの多くが、こうした装置なしでは、心移植を待つ間に死亡してしまうという。

 このHDEの製造元は、MicroMed Technology社(テキサス州ヒューストン)で、商品名は「DeBakey VAD Child」。詳しくは、FDAのニュース・リリースまで。(當麻あづさ、医療ジャーナリスト)