2004.03.02

東京都医師会がMML機能搭載の電子カルテ機種を4月にも公表

 情報開示と地域医療連携を推進するためのプロジェクト「HOTプロジェクト」を進める東京都医師会は、会員に対し、推奨する電子カルテ機種を4月にも公表する。HOTはHealth of Tokyoの略で、都内の診療所や病院を電子カルテで結んで、医療連携や患者への情報提供を行おうというもの。これを実現するためには、個々の電子カルテの情報が共通の言語を介して相互にやりとりする必要がある。そこで東京都医師会では、データの標準交換規約MML(Medical Markup Language )への変換機能を搭載した電子カルテを会員に推奨する方針を決め、各ベンダーに説明、都医がテスト環境を提供する形で準備を進めてきた。

 東京都医師会理事で情報システムを担当する大橋克洋氏は日経ヘルスケア21のインタビューに対し、「テスト環境の整備がほぼ終了した。各ベンダーがそれを使ってテストをし、動作確認ができたものから機種を公表していく。予定では4月ころまでには2〜3機種は公表できるだろう」と話している。

 地域での医療連携に電子カルテを活用しようという地区医師会は全国にも多く、東京都医師会のこの試みへの関心は高い。今のところ、MML機能搭載機種はまだ少ないが、これで一気に増えていくかもしれない。

 なお、大橋克洋氏へのインタビューは3月8日発売の「日経ヘルスケア21」3月号に掲載される。  
(千田敏之、日経ヘルスケア21

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 周術期のヘパリンブリッジはもういらない? プライマリ・ケア医のための心房細動入門リターンズ FBシェア数:139
  2. 後輩からの借金を返さないベテランに不満噴出 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:12
  3. 職員を採用できずに開業した医師が語った事情 その開業、本当に大丈夫ですか? FBシェア数:48
  4. 敗血症へのステロイド投与のメタアナリシス JAMA Internal Medicine誌から FBシェア数:31
  5. 外来での感染症診療は適切なアセスメントから 岡秀昭の「一般外来で感染症をどう診る?」 FBシェア数:75
  6. 医師の時間外労働の上限規制案は「1900〜200… 厚生労働省「医師の働き方改革に関する検討会」で骨子案が了承 FBシェア数:642
  7. 人生会議、いつ誰とどこで何をどう話すの? アドバンス・ケア・プランニング事始め FBシェア数:37
  8. 同期になった先輩 連載小説「坂の途中」 FBシェア数:13
  9. 開業したら色んな業者がワッと寄ってきました シリーズ◎医師を狙う悪い奴ら《8》座談会 in 大阪 FBシェア数:34
  10. 医療ドラマのスクラブを院長が着用したら… はりきり院長夫人の“七転び八起き” FBシェア数:69
医師と医学研究者におすすめの英文校正