日経メディカルのロゴ画像

2004.02.26

米国で薬にバーコード表示義務付け、投薬ミス防止狙う

 米国食品医薬品局(FDA)は2月25日、対象となる処方薬と一般用医薬品(OTC)について、バーコード表示の義務付けを決め、その最終規則を公表した。投薬ミスを減らすことと、ミス予防や作業の効率化によるコスト削減が狙い。

 この規則の対象となるのは、ほとんどの処方薬と医療機関で一般的に使われている一部のOTC。バーコードには、薬剤ごとに国で定めた薬剤コード番号が盛り込まれ、加えてロット番号や使用期限などが入力される場合もある。医療機関では、患者に自分の情報を入力したバーコード付腕輪をはめてもらい、薬を投薬するたびに薬と患者のバーコードをコンピュータに読み取り、薬の種類や患者に間違いがないかどうかなどを見極める仕組み。

 FDAによると、こうしたシステムを導入した医療機関では、投薬ミスを約85%減らすことができたという。また、退役軍人のための医療機関であるVeterans Affairs Medical Centerでは、同システムを使って570万用量の投薬を行い、投薬ミスは全く認められなかったという。

 FDAはこうした薬剤バーコードによる投薬システムが完全に導入されれば、20年間で予防できる投薬ミスなどは50万件近くに上り、またそれに関する医療コストとして約930億ドル削減できると予測している。

 同規則は、米国連邦政府公文書であるFederal Registerに印刷されてから、60日後に有効となる。それ以降にFDAの承認を受けた、今回の規制の対象となる薬については、承認後60日以内に、またそれ以前に承認を受けた対象薬については2年以内に、それぞれバーコードを表示しなくてはならない。

 詳しくは、FDAによる、ニュース・リリースまで。
(當麻あづさ、医療ジャーナリスト)