日経メディカルのロゴ画像

2004.02.24

【インフルエンザ速報】 農水省、米国全土からの鶏肉などの輸入停止継続を決める

 農林水産省は、米テキサス州で発生したトリインフルエンザのH5N2ウイルスが、検査の結果、高病原性であることが判明したことから、同疾病の清浄性が確認されるまで、米国全土からの家きん肉や生きた鳥類の輸入停止が継続されることになると発表した。トリインフルエンザの清浄性は、流行が完全に終結してから少なくとも90日間、疾患の発生がないことが確認される必要がある。

 農水省のプレスリリースはこちらまで。(中沢真也)