2004.02.17

【インフルエンザ速報】 大分県で高病原性トリインフルエンザの疑い例

 農林水産省は2月17日、国内で高病原性トリインフルエンザを疑う事例が発生したと発表した。2月16日夜、家畜保健衛生所から大分県庁経由で農水省にトリインフルエンザの発生を疑う事例について連絡があり、現在、農業・生物系特定産業技術研究機構動物衛生研究所で、死亡鶏などの病性鑑定を行っている。最終的に高病原性トリインフルエンザと確認されれば、山口県に次ぐ2例目となる。

 疑い例が発生したのは、大分県玖珠くす郡九重ここのえ町。飼養状況は、チャボ13羽、あひる1羽の計14羽。

 既に、飼養鳥は、死亡したか検査のため全羽処分済みだ。対策としては、初動防疫措置として、発生場所について既に部外者の立入制限、鶏舎の消毒などを実施したという。

 最終的に高病原性トリインフルエンザと確認された場合には、発生場所の消毒、周辺における移動制限、疫学調査の実施など、必要な防疫措置をとることになる。

 なお、同省では「鶏卵、鶏肉を食べることにより、トリインフルエンザウイルスが人に感染することは世界的にも報告されていない」とし冷静な対応を呼びかけている。(三和護)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. ベンゾ長期処方が大幅減額、その対策は? リポート◎診療報酬改定で向精神薬処方がしにくくなる!? FBシェア数:14
  2. 医師は金遣いが荒すぎる! Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:1
  3. 「急変時どうしますか」って聞いちゃいます? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:0
  4. CKDのあるAF患者に抗凝固薬を使うべきか? BMJ誌から FBシェア数:0
  5. 東京医科大の不正入試問題は氷山の一角? 記者の眼 FBシェア数:113
  6. マイスリーの一発アウトにご注意を!? セキララ告白!個別指導 FBシェア数:0
  7. 医師も患者も怖い「原因不明」の病の正体 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:3
  8. 安全な飲酒量の目安はエタノール週100g以下 Lancet誌から FBシェア数:16
  9. 敗血症性ショックにステロイド併用の利益あり NEJM誌から FBシェア数:0
  10. 総合診療専門医の状況にもう黙ってはいられない シリーズ◎どうなる新専門医制度 FBシェア数:0
医師と医学研究者におすすめの英文校正