日経メディカルのロゴ画像

2004.02.17

DPC導入後の在院日数 最も短いのは慶応大の15日、全体では3.1日短縮

 2月13日に開催された厚生労働省の中央社会保険医療協議会で、急性期医療のDPC(診断群分類)に基づく包括評価を導入した計82病院における、2003年7〜10月の在院日数の状況が公表された。在院日数が最も短かったのは慶応大の15日、一方、最長は鳥取大の24.1日だった。82病院の平均では19.3日で、前年同期(2002年7〜10月)と比べると3.1日短縮した。最も短縮したのは新潟大の7.9日、これに対して鳥取大では2.6日増加した。
 
 DPCに基づく包括評価は、2002年度から、大学病院本院、国立がんセンター、国立循環器病センターの82病院で導入された。さらに2004年4月から2006年3月までの間、昨年7〜10月にDPCの調査に協力した全国92の医療機関のうち、データ数/病床数の比がおおむね3.5以上であるなど、データの質が担保できる病院での試行開始が決定している。

 これらの調査協力機関と、大学病院等でのデータの比較から、より詳細なDPCの影響分析ができるようになると期待される。(橋本佳子、日経メディカル)

*DPC導入のメリット、デメリットなどについて、何かご意見があれば、medical@nikkeibp.co.jpまでお願いします。