2004.02.17

セントラルメディカルサービス 東京都杉並区で3カ所目の有老ホームを開設へ

 鶴巻温泉病院(神奈川県秦野市、596床)などを運営する医療法人三喜会のグループ会社(株)セントラルメディカルサービス(東京都渋谷区)は2004年4月、東京都杉並区の高級住宅地に介護付き有料老人ホーム「アライブ荻窪」を開設する。同社は既に、杉並区の浜田山と松庵の2カ所で高価格型の施設を運営しているが、今回、両施設から3kmほどしか離れていない場所に3施設目となるアライブ荻窪をオープンすることで、同区やその周辺に住む富裕層のさらなる開拓を図っていく考えだ。

 アライブ荻窪は、土地オーナーに新しく建物を建ててもらい、同社が一括して借り上げる“新築リースバック方式”で開設する予定。3階建てで個室を37室設け、居室面積は「有料老人ホーム設置運営標準指導指針」の設備基準に定められている13平方メートルよりも広い18.0〜30.4平方メートルとする。

 介護職員の配置は人員基準より手厚い1.5対1程度とし、各階を1ユニットとしてケアを実施する方針。さらに、敷地面積の3分の1程度を庭園や散策路とし、入居者が落ち着いた環境で生活できるようにする考え。入居費用は1800万〜4500万円、月額利用料(管理費と食費)は23万〜30万円。

 同社が運営するこのほかの2施設も、入居費用は2000万弱〜3000万円、月額利用料は20万円前半と高額だが、現時点でほぼ満室状態となっており入居待機者も多い。

 介護保険制度の施行以降、有老ホームは急増しているが、都心では供給がまだ不足している上、料金は高めでも馴染んだ生活環境で暮らしたいと考える富裕層は多く、同社では、地域に密着した事業展開をすることでこの需要をいち早く取り込んでいく考えだ。今後は、東京都新宿区で複数の施設を開設していくことも計画している。(豊川琢、日経ヘルスケア21

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 餅の窒息や風呂での溺水で警察は呼ぶ? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:16
  2. 【レッスン5】異常陰影を指摘せよ(難易度 中) 山口哲生の「目指せ!肺癌検診の達人」 FBシェア数:19
  3. 周術期のヘパリンブリッジはもういらない? プライマリ・ケア医のための心房細動入門リターンズ FBシェア数:205
  4. 大腸ポリープが腫瘍かどうかをAIが瞬時に判定 トレンド◎AI搭載の診断支援ソフトが国内初承認、年内発売へ FBシェア数:47
  5. 過敏性腸症候群ではプラセボ効果も治療のうち 田中由佳里の「ハラワタの診かた」 FBシェア数:51
  6. 敗血症へのステロイド投与のメタアナリシス JAMA Internal Medicine誌から FBシェア数:41
  7. この処方箋の患者はかぜ?それとも肺炎? 短期連載(1):Dr.キタカズの「成人市中肺炎の処方箋」 FBシェア数:39
  8. 外来での感染症診療は適切なアセスメントから 岡秀昭の「一般外来で感染症をどう診る?」 FBシェア数:107
  9. 職員を採用できずに開業した医師が語った事情 その開業、本当に大丈夫ですか? FBシェア数:49
  10. スギ花粉、関東以南は2月中旬から飛散開始 日本気象協会発表、花粉量は例年よりも多いが前シーズンより少なめ FBシェア数:6
医師と医学研究者におすすめの英文校正