2004.02.12

FDA、研究結果に基づきホルモン補充療法のラベル表示を製造元に勧告

 米国食品医薬品局(FDA)は2月10日、エストロゲンとプロゲスチン製品のホルモン補充療法(HRT)に関するラベル表示について、研究結果に基づいて内容を改訂するよう製造元に勧告した。

 この改訂は、65〜79歳の女性4500人を対象に行った研究、Women's Health Initiative Memory Study(WHIMS)の結果に基づくもの。同研究は、米国立衛生研究所(NIH)が行った(WHI) Women's Health Initiative (WHI)の部分研究で、2003年5月にJAMA(Journal of the American Medical Association)誌で結果を公表している。

 具体的な勧告は、エストロゲンとプロゲスチンの混合療法は、中程度から重度の顔面紅潮や夜の発汗、中程度から重度の膣の乾燥、閉経に伴う骨粗鬆症の予防のそれぞれに効果があること。また、膣症状の改善のみを目的として用いる場合には、医師らは、膣への局所クリームの使用を考慮すること。また骨粗鬆症予防を目的に投与する場合には、対象患者の同リスクが高く、それ以外の方法が不適切な場合であること、などを含んでいる。

 FDAは更に、1.WHIMSの研究結果として、65歳以上でエストロゲンとプロゲスチンを4年間併用した場合、痴呆症リスクが増大する可能性があること。またこのリスクは、より低年齢の閉経後の女性で、エストロゲン単体を服用する人にあてはまるかどうかは不明である点を、ラベルの黒枠内に盛り込む。2.WHIMSの結果を、臨床研究の部分にも盛り込む。3.エストロゲンとプロゲスチンの混合療法によって、マンモグラムの結果が異常となり、さらなる検査が必要となる割合が増える可能性がある点を記載する。4.製造元は、効果の確認された最低用量、または最低用量は不明である点を明記する−−といった点を含むラベル表示について、現在製造元と協議中であるとしている。

 詳しくは、FDAによる、「ニュース・リリースhttp://www.fda.gov/bbs/topics/NEWS/2004/NEW01022.html」まで。(當麻あづさ、医療ジャーナリスト)

■ 関連トピックス ■
◆ 2003.1.15 ホルモン補充療法薬の添付文書が米で改訂、WHI試験結果が「警告」欄に

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 手代木社長に聞く、ゾフルーザの出荷調整の理由 厚労省発表では、ゾフルーザの供給量は約40.8万人分 FBシェア数:91
  2. 釣り針が刺さったら糸1本でポーン!と抜こう EM Allianceの「知っ得、納得! ER Tips」 FBシェア数:72
  3. インフルエンザ診療に迅速検査キットは必要? 岡秀昭の「一般外来で感染症をどう診る?」 FBシェア数:226
  4. 「お楽しみ程度の経口摂取を」で本当にいいの? 吉松由貴の「誤嚥性肺炎、診療の知恵袋」 FBシェア数:220
  5. 意思を確認できない患者の情報はどこまで開示可能? 特集◎これってコンプライアンス違反?《8》家族への情報開示 FBシェア数:10
  6. 腹部エコーが「難しい」と感じるのはなぜか? 今さら聞けない画像診断のキホン FBシェア数:24
  7. ガイドラインが変わり過ぎる米、変わらない日本 記者の眼 FBシェア数:120
  8. アドレナリンが効かなかったワケ アンサングシンデレラ 病院薬剤師 葵みどり FBシェア数:147
  9. 周術期のヘパリンブリッジはもういらない? プライマリ・ケア医のための心房細動入門リターンズ FBシェア数:270
  10. やる? やらない? 事務部門の外部委託 診療所経営駆け込み寺 FBシェア数:18
医師と医学研究者におすすめの英文校正