日経メディカルのロゴ画像

2004.02.12

【高血圧治療に関する調査】その6 降圧薬の採用理由、「臓器保護効果がある」はARBとACE阻害薬で高い

 MedWave「高血圧治療に関する調査」の続報をお届けする。今回は、銘柄別分析から、「降圧薬の処方理由」について報告する。調査では、対象とした50銘柄を提示し、採用している銘柄の回答を求めたのと同時に、その銘柄の採用理由も尋ねた(複数回答)。その結果を系統別にまとめ、採用の理由ごとに平均値を表した(表参照、循環器内科医の場合)。 

 その結果、第一選択薬選定の項目で多くの医師が選択理由に挙げた「降圧効果が確実」と「臓器保護効果があること」について注目すると、「降圧効果が確実」については、Ca拮抗薬とA2受容体拮抗薬(ARB)の平均値が高く、「臓器保護効果がある」についてはARBとACE阻害薬の平均値が高くなっていることがわかった。この傾向は専門医、一般医問わず同様だった。

 また全体としては、すべての採用理由でARBの平均値が上位にあり、ARBが高い評価を得ていることがうかがえた。これは、いずれの医師グループでも同じ傾向にあった。

 今回の調査では主要50銘柄について、現在処方している銘柄や採用理由、評価などを尋ねた(調査対象銘柄は調査概要へ)。(三和護)



――――――――――――――――――――――――――――――――――――
「医薬品マーケティング調査◇降圧薬の採用・評価の実態」を提供

「高血圧治療の実態調査(第3回)」がまとまりました。銘柄別の分析結果とリポート(CD-ROM付き)につきましては、マーケティングデータとして製薬企業を対象に販売致します。詳細は以下へお問い合わせください。
■〒102-8622 東京都千代田区平河町2-7-6
日経BP 医療局広告(担当:柴谷、電話:03-5210-8036、
FAX:03-5210-8321、 E-mail nm-ad@nikkeibp.co.jp
――――――――――――――――――――――――――――――――――――