日経メディカルのロゴ画像

2004.02.05

【再掲】【高血圧治療に関する調査】その4 第一選択薬を決定する際に最も重視する点、「降圧効果が確実なこと」に集中

 MedWave「高血圧治療に関する調査」の続報を報告する。今回は、「第一選択薬を決定するときに最も重視する点」。

 調査では、降圧薬の第一選択薬を決定する際に「最も重視することは何か」を尋ねた。

 その結果、最も多い回答は、どの医師グループも「降圧効果が確実なこと」だった。この比率は、循環器内科グループ<その他内科グループ<その他医師グループとなっていた(図1)。

 循環器内科以外では「降圧効果」が、唯一最大のポイントだった。しかし、循環器内科では、「臓器保護効果」が28.9%を占め、「降圧効果」に次ぐポイントだった点が注目される。

 最も重視する点以外に重視する項目を複数回答で挙げてもらった結果では、「副作用が少ない」や「服薬コンプライアンスがよいこと」などの割合が高くなっていた。(三和護)



 調査概要はこちらへ

■ 訂正 ■
 図の中で、2番目の項目は正しくは「効果の発現が早い」でした。訂正いたします。



― (PR) ――――――――――――――――――――――――――――――――
「医薬品マーケティング調査◇降圧薬の採用・評価の実態」を提供

「高血圧治療の実態調査(第3回)」がまとまりました。銘柄別の分析結果とリポート(CD-ROM付き)につきましては、マーケティングデータとして製薬企業を対象に販売致します。詳細は以下へお問い合わせください。
■〒102-8622 東京都千代田区平河町2-7-6
日経BP 医療局広告(担当:柴谷、電話:03-5210-8036、
FAX:03-5210-8321、 E-mail nm-ad@nikkeibp.co.jp )
――――――――――――――――――――――――――――――――――(PR)