2004.02.04

200ナノリットルの血液で血糖値測定できる検査用チップ、産官学連携で製品化へ

 既存製品の数分の1から数十分の1の200 nl(ナノリットル)という微量な血液で安定に血糖値を測定できる検査用チップの開発が産官学連携で進められている。順調に行けば2005年春にも商品化される見通しだ。東京工科大学と独立行政法人の産業技術総合研究所、住友電気工業の3者が2月3日に発表した。

 新たに開発するチップの最大の特徴は、1回のプロセスで製造できる点にある。従来のチップは印刷、型抜き、積層など3〜4プロセスが必要で、コストや特性安定化に問題があった。測定に要する血液量を減らすためには、少量の血液を安定して一定量だけ導入する回路が必要だが、複数プロセス方式では工程を重ねるたびにずれが加わるため、誤差が大きくなるという問題点があった。

 1プロセス方式の採用で、既存の測定チップでは0.6〜10μlだった必要血液量を世界最小の200nlに抑えることができた。血液量を減らすことで、1年間に500〜700回も測定が必要な糖尿病患者の苦痛を軽減できる。測定は電気化学的な方式で、計測時間は15秒程度だという。

 価格も安くなった。既存チップの販売価格は200円程度だが、新チップでは国内価格が100円程度になる見通しだ。開発を指揮している東京工科大学バイオニクス学部長の軽部征夫氏は、「糖尿病治療に要するコストの3分の1を血糖測定用センサーが占め、糖尿病患者数の急増によって年率10%以上の成長が見込まれる。有望市場であると同時に新チップ投入による医療費削減効果も高い」という。

 開発グループでは、1プロセスによるチップ製造という基本特許を取得できる見通しとしており、今後、DNAチップ、プロテインチップ、各種センサーなど幅広い応用が期待できるとしている。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. マッチング中間、5年ぶりに東京大学が首位奪還 「医師臨床研修マッチング2018」中間結果ランキング FBシェア数:253
  2. 26歳女性。発熱、倦怠感 日経メディクイズ●胸部X線 FBシェア数:0
  3. <片麻痺>患者をCT室に送る前の必須検査は? 患者到着前から始まるエマージェンシー臨床推論 FBシェア数:57
  4. 応招義務で「無制限に働くこと」は想定されず 厚生労働省「医師の働き方改革に関する検討会」 FBシェア数:139
  5. 「なんなの、この人」。そう言われて我に返ったあの… シリーズ◎忘れられないカルテ FBシェア数:59
  6. 中小病院が国から託された「新たな使命」とは? 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:51
  7. その便秘薬の処方、間違っていませんか? リポート◎グーフィス、リンゼスなど新たな便秘薬が続々登場 FBシェア数:174
  8. 66歳男性。5日前から続く息切れ 日経メディクイズ●救急 FBシェア数:0
  9. 3年がかりのパンダ撮影の舞台裏 医師の絶対教養 ナショナル ジオグラフィック編 FBシェア数:0
  10. 臨床が好きになった日と開業が近づいた日 谷口恭の「梅田のGPがどうしても伝えたいこと」 FBシェア数:13
医師と医学研究者におすすめの英文校正