2004.02.03

【高血圧治療に関する調査】その2 高血圧患者に多い合併症は、第1位「高脂血症」、第2位「糖尿病」

 MedWaveの高血圧治療に関する調査がまとまった。本日は、「高血圧患者数と降圧薬の処方せんの枚数」「1週間当たりの降圧剤の処方せん枚数」「高血圧患者に多い合併症」について報告する。

 調査では、1週間に診察する高血圧患者数を尋ねた。その結果、平均は、循環器内科医が66人、循環器内科医以外の内科医(以下「その他の内科医」)が61人、それ以外の医師(以下「その他」)が34人だった。前回調査と比較して、大きな変動はなかった。「その他」の医師でも循環器内科医の半数程度の高血圧患者を診察していた(図1)。




 一方、1週間当たりの降圧剤の処方せん枚数については、その平均は、循環器内科医が68枚、その他の内科医が60枚、その他が35枚となった。患者数と同じような傾向がうかがえた(図2)。



 調査では、高血圧患者に多い合併症を挙げてもらった。 

 その結果、診察している高血圧患者に多い合併症は、どのグループにおいても、第1位が「高脂血症」、第2位が「糖尿病」となった。循環器内科医とその他の内科医の8割では、その比率が8割に達した。

 循環器内科では、「狭心症」(47.4%)、「心不全」(32.0%)、「脳卒中」(32.0%)がこれらに続いている(図3)。(三和護)





 調査概要はこちらへ



― (PR) ――――――――――――――――――――――――――――――――
「医薬品マーケティング調査◇降圧薬の採用・評価の実態」を提供

「高血圧治療の実態調査(第3回)」がまとまりました。銘柄別の分析結果とリポート(CD-ROM付き)につきましては、マーケティングデータとして製薬企業を対象に販売致します。詳細は以下へお問い合わせください。
■〒102-8622 東京都千代田区平河町2-7-6
日経BP社 医療局広告(担当:柴谷、電話:03-5210-8036、
FAX:03-5210-8321、 E-mail nm-ad@nikkeibp.co.jp )
――――――――――――――――――――――――――――――――――(PR)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 初期研修は地方ですべし 「医療」ってなんだっけ FBシェア数:119
  2. パーキンソニズムの定義変更、早期からL-ドパを トレンド◎パーキンソン病ガイドラインが7年ぶりに改訂 FBシェア数:186
  3. 専攻医募集で総合診療が「惨敗」、その理由は? 記者の眼 FBシェア数:2
  4. ベンゾ長期処方が大幅減額、その対策は? リポート◎診療報酬改定で向精神薬処方がしにくくなる!? FBシェア数:16
  5. 学会のスライド撮影禁止はいつまで? 記者の眼 FBシェア数:21
  6. 医師は金遣いが荒すぎる! Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:1
  7. 2018年度ダブル改定で「看取り」の解釈が拡大 記者の眼 FBシェア数:2
  8. 東京医科大の不正入試問題は氷山の一角? 記者の眼 FBシェア数:116
  9. マイスリーの一発アウトにご注意を!? セキララ告白!個別指導 FBシェア数:0
  10. 抗不安薬:長期処方で減点もデパス人気変わらず NMO処方サーベイ FBシェア数:53
医師と医学研究者におすすめの英文校正