2004.02.03

【インフルエンザ速報】 ベトナムでH5N1ヒト−ヒト感染疑いの家族感染、WHOは調査継続の必要性を強調 

 世界保健機関(WHO)は2月2日、先にヒト−ヒト感染の可能性もあり得るとしたベトナムの家族についての追加情報を発表した。感染が発生したベトナムThai Binh省の一家は31歳の男性とその二人の姉妹で23歳と30歳の女性、男性の妻で28歳の女性の4人。このうち、妻を除く3人が死亡している。23歳と30歳の姉妹はH5N1の検査陽性が確認されたが、男性とその妻については、検査は実施されていない。

 彼らは、男性と妻の結婚式の準備のために年末に集まり、男性と姉妹のうち一人が、1月4日に調理のために鴨をさばいていたことが判明している。しかし、妻と姉妹の他の一人が、鶏などに接触しなかったかどうかは明らかではないという。また、二人の姉妹は、先に発病した兄の看病に当たったことが判明している。

 こうした経緯からWHOは、ため、ヒト−ヒト感染を選択肢の一つとして想定したもの。鳥との接触や鶏糞などによる環境からの感染の可能性も否定できないと強調している。現地の保健当局からは、4人を除く家族や男性の診療に当たった医療関係者、結婚式の参加者などには異常は見られたという報告はないという。WHOでは個々のH5N1感染症例について、調査継続の必要性を強調している。

 WHOのプレスリリースはこちらまで。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 42 歳男性。動悸 日経メディクイズ●心電図 FBシェア数:0
  2. 【レッスン5】異常陰影を指摘せよ(難易度 中) 山口哲生の「目指せ!肺癌検診の達人」 FBシェア数:29
  3. 周術期のヘパリンブリッジはもういらない? プライマリ・ケア医のための心房細動入門リターンズ FBシェア数:236
  4. 棺桶に入るまでにやりたいことリスト (前編) テクノ アサヤマの「今日がいちばんいい日」 FBシェア数:60
  5. 生後2カ月男児。背部腫瘤 日経メディクイズ●小児 FBシェア数:0
  6. 餅の窒息や風呂での溺水で警察は呼ぶ? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:57
  7. 開業したら色んな業者がワッと寄ってきました シリーズ◎医師を狙う悪い奴ら《8》座談会 in 大阪 FBシェア数:39
  8. 職員を採用できずに開業した医師が語った事情 その開業、本当に大丈夫ですか? FBシェア数:49
  9. 医師が頼れる「デキる事務職員」はこう育てる 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:122
  10. ユリーフが躍進、ハルナールを抜き首位に NMO処方サーベイ FBシェア数:65
医師と医学研究者におすすめの英文校正