2004.02.02

【疫学会速報】 インフルエンザワクチン接種、乳幼児での有効性を支持

 乳幼児に対するインフルエンザワクチンの有効性を支持する研究結果を、第14回日本疫学会学術総会で、大阪市立大公衆衛生学の藤枝恵氏が発表した。

 同氏らは、2000/01年シーズンから2002/03シーズンの3シーズンにわたって、全国55カ所の小児科診療所の受診患児を対象に、ワクチン接種希望者を接種群、各接種者の直後の受診患児1〜2人を非接種群に割り付けて、ワクチンの有効性を調査した。

 患児の居住地域の週別インフルエンザ様疾患(ILI)届け出患者数と週別ウイルス分離数から地域の最流行期を割り出し、ILI発症状況の観察期間とした。ILI発症の指標は、最流行期の最高体温とした。解析対象は2000/01年シーズン2337人、2001/02年シーズンは2612人、2002/03年シーズンは2913人となった。

 その結果、接種群と非接種群の患者背景で補正したILI発症に対するワクチン接種群のオッズ比は、2000/01年シーズン0.78(p=0.043)、2001/02年シーズン0.75(p=0.000)、2002/03年シーズン0.75(p=0.000)と、いずれの流行シーズンでもワクチン接種群で有意にILI発症を抑制していることが示された。

 さらに年齢別に分析すると、1歳以上の補正オッズ比は、2000/01年シーズン0.72(p=0.013)、2001/02シーズン0.76(p=0.000)、2002/03シーズン0.72(p=0.000)と、やはりワクチン接種の有意な有効性が認められた。

 一方、1歳未満については症例数が足りなかったこともあり、2000/01年シーズン1.45(p=0.299)、2001/02シーズン0.71(p=0.463)、2002/03シーズン1.93(p=0.119)と、シーズンによってばらつく結果となった。

 藤枝氏は、「流行株、患児の免疫の状態、流行規模が毎年変動するので、調査をさらに継続して、ワクチン接種の有効性をはっきりと立証させたい」と強調している。
(星良孝、日経メディカル

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. マッチング中間、5年ぶりに東京大学が首位奪還 「医師臨床研修マッチング2018」中間結果ランキング FBシェア数:280
  2. 73歳女性。左II趾の隆起する淡紅色局面 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  3. 26歳女性。発熱、倦怠感 日経メディクイズ●胸部X線 FBシェア数:0
  4. <片麻痺>患者をCT室に送る前の必須検査は? 患者到着前から始まるエマージェンシー臨床推論 FBシェア数:65
  5. 外来患者自殺で開業医有責、現場で高まる懸念 リポート◎東京高裁が1審覆し自殺企図患者への対応の過失を認定 FBシェア数:1451
  6. クラビットにビオフェルミンRはOK!? セキララ告白!個別指導 FBシェア数:304
  7. その便秘薬の処方、間違っていませんか? リポート◎グーフィス、リンゼスなど新たな便秘薬が続々登場 FBシェア数:176
  8. 「なんなの、この人」。そう言われて我に返ったあの… シリーズ◎忘れられないカルテ FBシェア数:66
  9. 応招義務で「無制限に働くこと」は想定されず 厚生労働省「医師の働き方改革に関する検討会」 FBシェア数:223
  10. 新高血圧GL、日本は基準値140/90維持の方針 学会トピック◎第41回日本高血圧学会総会 FBシェア数:329
医師と医学研究者におすすめの英文校正