2004.01.27

【疫学会速報】 インフルエンザワクチン1回接種の高齢者、シーズン内に抗体価低下目立つ

 せっかくインフルエンザワクチンを接種してもそのシーズン中に抗体価が落ちてしまい、十分な免疫を確保できなくなる場合があることが、高齢者を対象とした調査で明らかになった。ワクチンの有効性や接種方法について大きな問題点を提起したと言えそうだ。厚生労働省の班研究「インフルエンザ予防接種のEBMに基づく政策評価に関する研究」の一部成果として、1月22日のポスターセッション「感染症」で東京女子医科大学衛生学公衆衛生学教室の小島原典子氏(写真)が発表した。

 小島原氏らの研究グループは、東京都内の精神病院に入院中の50歳以上の152人に対して、2002年12月1日から2003年3月31日まで、インフルエンザ様症状を観察した。対象患者のうち、本人が希望した90人(55.6%)に対し、観察期間に入る前の11月初旬にインフルエンザワクチンを1回接種した。対象者のうち、文書による同意がとれた57人に対し、シーズン前(12月)とシーズン終了期(3月末)に抗体価を測定した。

 観察期間中、インフルエンザ様症状を呈した患者に対してはインフルエンザA、B型の迅速診断を実施した。観察期間中28例に症状が見られたが、診断結果は全例で陰性だった。

 シーズン前後の抗体価を比較したところ、ワクチン接種群では、シーズン前の抗体価が40倍以上だった対象者が、Aソ連型(H1N1)では12月に約74%だったのに対し、3月末には48.6%に減った。B型では12月時点でも約29%と少なく、3月末には約11%に減った。これに対してA香港型(H3N2)では、12月に約97%だったのが3月末にも約94%とほとんど減少しなかったという。

 高齢者の場合、少なくとも1回接種ではシーズン期間中、十分な免疫を維持できない可能性が示唆されたわけで、2回接種を含め、抗体価の増強・維持に必要な手段を検討する必要性がありそうだ。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 東京医科大の不正入試問題は氷山の一角? 記者の眼 FBシェア数:105
  2. 麻酔科専門医の更新要件変更で広がったある憶測 記者の眼 FBシェア数:185
  3. ベンゾ長期処方が大幅減額、その対策は? リポート◎診療報酬改定で向精神薬処方がしにくくなる!? FBシェア数:0
  4. 医師は金遣いが荒すぎる! Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:0
  5. 「CHADS2スコア0点1点問題」を真剣に考える プライマリ・ケア医のための心房細動入門リターンズ FBシェア数:126
  6. 「これは内部告発だ」 個別指導を受けた院長の確… クリニック事件簿 FBシェア数:104
  7. 腹痛患者への「反跳痛」はもういらない? 中山祐次郎の「切って縫うニュース」 FBシェア数:92
  8. ロセフィンの重大な副作用に「精神神経症状」が追加 佐古みゆきの「添付文書改訂ウオッチ」 FBシェア数:169
  9. 訪問先の家族を見てついしてしまうこと 病院珍百景 FBシェア数:28
  10. 「急変時どうしますか」って聞いちゃいます? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:0
医師と医学研究者におすすめの英文校正