2004.01.21

【インフルエンザ速報】 動物衛生研究所、養鶏関係者向けにインフルエンザウイルス浸入防止を呼びかけ

 独立行政法人の動物衛生研究所は1月18日、トリインフルエンザウイルスの浸入防止法の概要をホームページに掲載し、養鶏関係者に対して感染に対する警戒を呼びかけている。トリインフルエンザの実態を把握するうえで、自治体関係者などにとっても参考になりそうだ。

 そのなかで、1.踏み込み漕を設置し、ウイルスに汚染した糞などを養鶏場内に持ち込まないこと、2.野鳥やペットの鳥が鶏舎に入らないようにすること、3.野鳥が降りる池の水を鶏の飲水にしないこと、などを注意事項として挙げている。北海道大学獣医学部長の喜田宏氏は、トリインフルエンザウイルスは糞の中は2週間、淡水の湖水中では1カ月間も感染性が維持されるとしており、周辺環境を含めた感染防止の注意が必要になる。

 上記呼びかけを含むトリインフルエンザに関する動物衛生研究所の提供情報はこちらまで。(中沢真也)


■ 参考図書 ■


Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 外来患者自殺で開業医有責、現場で高まる懸念 リポート◎東京高裁が1審覆し自殺企図患者への対応の過失を認定 FBシェア数:1479
  2. 「なんなの、この人」。そう言われて我に返ったあの… シリーズ◎忘れられないカルテ FBシェア数:72
  3. マッチング中間、5年ぶりに東京大学が首位奪還 「医師臨床研修マッチング2018」中間結果ランキング FBシェア数:298
  4. クラビットにビオフェルミンRはOK!? セキララ告白!個別指導 FBシェア数:305
  5. 26歳女性。発熱、倦怠感 日経メディクイズ●胸部X線 FBシェア数:0
  6. わかるけど…な服薬指導 病院珍百景 FBシェア数:36
  7. NSAIDではジクロフェナクのMACEリスクが高… BMJ誌から FBシェア数:74
  8. <片麻痺>患者をCT室に送る前の必須検査は? 患者到着前から始まるエマージェンシー臨床推論 FBシェア数:66
  9. 中小病院が国から託された「新たな使命」とは? 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:57
  10. COPD患者に対するデキサメタゾンは高山病を予防… Dr.倉原の呼吸器論文あれこれ FBシェア数:41
医師と医学研究者におすすめの英文校正