2004.01.19

【インフルエンザ速報】 インフルエンザ予報:警報は北海道のみに、正月休みで報告は少なめ 

 国立感染症研究所の感染症情報センターが2004年1月16日に発表したインフルエンザ予報(流行レベルマップ)によると、2004年第1週(2003年12月29日〜2004年1月4日)の警報地域は北海道の1地域、注意報は8地域で、正月休みのためもあって、警報2地域、注意報17地域だった前週に比べて報告数が減少した。全国の定点当たり報告数(医療機関当たりの患者数)は前週の1.78に対して1.21になった。

 警報レベルを超えているのは、北海道内の釧路保健所管轄地域1カ所。注意報は、北海道の根室保健所管轄地域のほか、福島県福島市の県北、同県白河市の県南、同県会津若松市の会津の各保健所管轄地域、埼玉県戸田市の戸田・蕨、同県川口市の川口の各保健所管轄地域、長野県北端の北信保健所管轄地域、愛知県半田市の半田保健所管轄地域の計8カ所だった。1月9日までのウイルス検出報告は、A/ソ連型が1件、A/香港型が115件、B型が13件となっている。

 警報は大きな流行の発生・継続が疑われることを示すもので、インフルエンザの定点当たり報告数(医療機関当たりの患者数)が30を超えると発せられ、その後10以上だと警報を維持する。注意報は10を超えると発せられ、流行の発生前であれば、今後4週間以内に大きな流行が発生する可能性があるということ、流行中であれば流行が継続している(終息していない)可能性が疑われることを意味する。

 感染症情報センターのインフルエンザ流行レベルマップ2004年第1週分はこちらまで。(中沢真也)

Information PR

北海道で発生した地震の影響により、日経メディカル、日経ヘルスケア、日経ドラッグインフォメーション各誌の2018年9月号のお届けに一部遅れが生じます。ご理解のほどお願い申しあげます。

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 外来患者自殺で開業医有責、現場で高まる懸念 リポート◎東京高裁が1審覆し自殺企図患者への対応の過失を認定 FBシェア数:685
  2. 新高血圧GL、日本は基準値140/90維持の方針 学会トピック◎第41回日本高血圧学会総会 FBシェア数:207
  3. クラビットにビオフェルミンRはOK!? セキララ告白!個別指導 FBシェア数:173
  4. 絶滅危惧種? ワルファリンの使い道はここだ プライマリ・ケア医のための心房細動入門リターンズ FBシェア数:40
  5. 「勤務医&専業主婦」は最大40万円の増税に Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:181
  6. 「先生、すごいですね」は一人前と見なされていない… シリーズ◎忘れられないカルテ FBシェア数:106
  7. 『ハリソン内科学』のハリソン先生に迫る 駒村和雄の「健康寿命で行こう」 FBシェア数:16
  8. どうします? 高齢者救急で遭遇するモヤモヤ 短期集中連載◎なぜ今『救急×緩和ケア』なのか part II FBシェア数:105
  9. 看護師ができないなら、俺たちがやろう! 特集◎忘れられないカルテ FBシェア数:45
  10. おたふくかぜを侮るな! 数百人が難聴に 保護者向け「ワクチン指導箋」を活用しよう! FBシェア数:33
医師と医学研究者におすすめの英文校正