2004.01.16

【インフルエンザ速報】 高病原性H5N1はヒト感染で多臓器不全引き起こす、香港、ベトナムの症例で判明

 人間が感染するインフルエンザは通常、呼吸器だけに感染する。しかし、現在アジア各地で猛威を振るっているトリインフルエンザ(H5N1)は全身に感染しうる。国立感染症研究所ウイルス第3部長の田代眞人氏は、「1997年の香港や今冬のベトナムで発生したH5N1のトリ−ヒト感染で明らかになった病理所見などを見る限り、実質的には多臓器不全である」と言い切る。

 インフルエンザウイルスは人体内に侵入すると、組織内に存在するプロテアーゼによって活性化する。人間が感染する既存のインフルエンザでは、呼吸器上皮と腸管に存在するプロテアーゼだけが特異的に作用する。このため、通常、他の臓器には感受性はない。

 しかし、高病原性トリインフルエンザを引き起こすH5N1は、全身の細胞に存在するプロテアーゼで活性化するため、全身的な感染を起こし、播種性血管内凝固症候群(DIC)など多臓器疾患を引き起こす。田代氏は、「病理の所見を見る限り、(既存の)インフルエンザ感染とは異なる。実際、医療レベルの高い香港でさえ、H5N1に感染した18人中6人が死亡している」と指摘する。高病原性トリインフルエンザに対して、鶏の大規模な殺処分など感染動物と人間の接触を断つ処置やワクチン製造が急がれるのは、こうした理由だ。(中沢真也)


■ 参考図書 ■


Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 手代木社長に聞く、ゾフルーザの出荷調整の理由 厚労省発表では、ゾフルーザの供給量は約40.8万人分 FBシェア数:91
  2. 釣り針が刺さったら糸1本でポーン!と抜こう EM Allianceの「知っ得、納得! ER Tips」 FBシェア数:72
  3. インフルエンザ診療に迅速検査キットは必要? 岡秀昭の「一般外来で感染症をどう診る?」 FBシェア数:226
  4. 「お楽しみ程度の経口摂取を」で本当にいいの? 吉松由貴の「誤嚥性肺炎、診療の知恵袋」 FBシェア数:220
  5. 意思を確認できない患者の情報はどこまで開示可能? 特集◎これってコンプライアンス違反?《8》家族への情報開示 FBシェア数:10
  6. 腹部エコーが「難しい」と感じるのはなぜか? 今さら聞けない画像診断のキホン FBシェア数:24
  7. ガイドラインが変わり過ぎる米、変わらない日本 記者の眼 FBシェア数:120
  8. アドレナリンが効かなかったワケ アンサングシンデレラ 病院薬剤師 葵みどり FBシェア数:147
  9. 周術期のヘパリンブリッジはもういらない? プライマリ・ケア医のための心房細動入門リターンズ FBシェア数:270
  10. やる? やらない? 事務部門の外部委託 診療所経営駆け込み寺 FBシェア数:18
医師と医学研究者におすすめの英文校正