2004.01.16

【インフルエンザ速報】 高病原性H5N1はヒト感染で多臓器不全引き起こす、香港、ベトナムの症例で判明

 人間が感染するインフルエンザは通常、呼吸器だけに感染する。しかし、現在アジア各地で猛威を振るっているトリインフルエンザ(H5N1)は全身に感染しうる。国立感染症研究所ウイルス第3部長の田代眞人氏は、「1997年の香港や今冬のベトナムで発生したH5N1のトリ−ヒト感染で明らかになった病理所見などを見る限り、実質的には多臓器不全である」と言い切る。

 インフルエンザウイルスは人体内に侵入すると、組織内に存在するプロテアーゼによって活性化する。人間が感染する既存のインフルエンザでは、呼吸器上皮と腸管に存在するプロテアーゼだけが特異的に作用する。このため、通常、他の臓器には感受性はない。

 しかし、高病原性トリインフルエンザを引き起こすH5N1は、全身の細胞に存在するプロテアーゼで活性化するため、全身的な感染を起こし、播種性血管内凝固症候群(DIC)など多臓器疾患を引き起こす。田代氏は、「病理の所見を見る限り、(既存の)インフルエンザ感染とは異なる。実際、医療レベルの高い香港でさえ、H5N1に感染した18人中6人が死亡している」と指摘する。高病原性トリインフルエンザに対して、鶏の大規模な殺処分など感染動物と人間の接触を断つ処置やワクチン製造が急がれるのは、こうした理由だ。(中沢真也)


■ 参考図書 ■


Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 初期研修は地方ですべし 「医療」ってなんだっけ FBシェア数:119
  2. パーキンソニズムの定義変更、早期からL-ドパを トレンド◎パーキンソン病ガイドラインが7年ぶりに改訂 FBシェア数:186
  3. 専攻医募集で総合診療が「惨敗」、その理由は? 記者の眼 FBシェア数:2
  4. ベンゾ長期処方が大幅減額、その対策は? リポート◎診療報酬改定で向精神薬処方がしにくくなる!? FBシェア数:16
  5. 学会のスライド撮影禁止はいつまで? 記者の眼 FBシェア数:21
  6. 医師は金遣いが荒すぎる! Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:1
  7. 2018年度ダブル改定で「看取り」の解釈が拡大 記者の眼 FBシェア数:2
  8. 東京医科大の不正入試問題は氷山の一角? 記者の眼 FBシェア数:116
  9. マイスリーの一発アウトにご注意を!? セキララ告白!個別指導 FBシェア数:0
  10. 抗不安薬:長期処方で減点もデパス人気変わらず NMO処方サーベイ FBシェア数:53
医師と医学研究者におすすめの英文校正