2004.01.16

米国厚生省、SARS感染予防を目的にハクビシンなどの輸入禁止

 米国厚生省(HHS)は1月13日、重症急性呼吸症候群(SARS)の感染予防を目的に、ハクビシンなどジャコウネコ科の動物の輸入を直ちに禁止することを決めた。中国では、小動物がSARSの感染源である可能性があるためだとしている。

 HHSは、SARSの原因であるコロナウイルスが、元々動物からヒトに感染した可能性について懸念しているという。また、ある種の野生動物に接触することで、SARS感染のリスクが高くなるというエビデンスが集まりつつあるとしている。なお、ヒトがそうした野生動物に接することでSARSコロナウイルスへ感染したという事実は今のところ確認されていないという。

 HHSによると、米国では、SARSの可能性例と疑い例は、これまで合わせて192人見つかっているという。そのうち、SARSコロナウイルスが検出されたのは、8人のみ。また、全ての患者で症状は改善しているという。

 詳しくは、HHSによる、ニュース・リリースhttp://www.os.dhhs.gov/news/press/2004pres/20040113.htmlまで。(當麻 あづさ、医療ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 周術期のヘパリンブリッジはもういらない? プライマリ・ケア医のための心房細動入門リターンズ FBシェア数:266
  2. 指導者泣かせの新人 病院珍百景 FBシェア数:22
  3. ガイドラインが変わり過ぎる米、変わらない日本 記者の眼 FBシェア数:107
  4. サンフランシスコで私はなぜ手を洗ったのか 森井大一の「医療と経済と行政の交差点」 FBシェア数:27
  5. 棺桶に入るまでにやりたいことリスト (前編) テクノ アサヤマの「今日がいちばんいい日」 FBシェア数:77
  6. 42 歳男性。動悸 日経メディクイズ●心電図 FBシェア数:0
  7. 【レッスン5】異常陰影を指摘せよ(難易度 中) 山口哲生の「目指せ!肺癌検診の達人」 FBシェア数:29
  8. 癌検診を受けない人は総死亡率が有意に高い JAMA Intern Med誌から FBシェア数:19
  9. EGFR変異陽性肺癌の治療選択で改めて示されたT… 日経メディカルOncologyリポート FBシェア数:50
  10. マイナンバーカードを使った資格確認の導入に向け改… 医療保険部会で厚労省が方針を発表 FBシェア数:29
医師と医学研究者におすすめの英文校正