日経メディカルのロゴ画像

2004.01.16

ベトナムのトリインフルエンザ感染 WHOが「ヒトウイルスの交雑はない」と発表

 世界保健機関(WHO)は1月14日、ベトナムでトリインフルエンザ感染によるとみられる死亡者から検出されたウイルスには、ヒトウイルスの交雑はないと発表した。しかし、同国で多数の死亡者が出ていることと、日本や韓国などアジア一帯でトリインフルエンザが拡大していることを重く見て、速やかにH5N1ワクチン開発の準備を始めるという。

 ベトナムではWHOの支援のもと、年末から年始にかけて重症の急性呼吸器疾患で死亡した3人の患者からトリインフルエンザウイルス(H5N1)を確認した。部分的な遺伝子解析結果によると、すべての遺伝子は本来のトリインフルエンザウイルスに一致しており、交雑によってヒト遺伝子を獲得していないことが判明した。このため、調査の焦点は感染源の特定と、今回のH5N1ウイルスでヒト−ヒト感染が発生しているかどうかに移るという。

 WHOでは、ワクチン製造のために必要な候補株の選定と試薬の開発の準備を始めている。WHO国際インフルエンザネットワークに加盟している各国の研究機関にも近くウイルスと臨床検体が提供され、ただちにワクチン製造に必要なウイルス株の開発が開始される予定だ。

 WHOのプレスリリースはこちらまで。国立感染症研究所の感染症情報センターによる翻訳記事はこちら。(中沢真也)

■ 参考図書 ■