2004.01.13

山口県の養鶏場で高病原性トリインフルエンザ発生、国内では79年ぶり

 農林水産省は1月12日、山口県の養鶏場(採卵鶏農場)でトリインフルエンザの発生があったと発表した。国内では1925年以来、79年ぶりの発生となる。

 発生したのは、山口市の北東約30km、広島県との県境に近い山口県阿武郡阿東町の養鶏場「ウインウインファーム山口農場」で、3万4640羽の鶏が飼育されている。

 1月11日に山口県から農林水産省にトリインフルエンザの発生が疑われるという連絡が入り、死亡した鶏を農業・生物系特定産業技術研究機構動物衛生研究所で調べたところ、A型インフルエンザウイルス(H5)が検出され、高病原性鳥インフルエンザの感染が確認された。

 現在、同農場では、鶏卵の出荷自粛、鶏舎の消毒、部外者の立ち入り制限などを実施している。鶏卵や鶏肉を食べることによる人間への感染は世界的に見ても報告されていないが、農林水産省では、同養鶏場から出荷された鶏卵の自主回収を指導、現在、回収が進められている。飼育されている鶏全羽の殺処分も近く実施されることになる。この農場を中心とした半径30km以内の地域では、生きた鶏の移動や鶏肉、鶏卵の出荷が禁止されるなどの「移動制限」が実施されている。

 こうした措置は、農林水産省が2003年9月17日付けの課長通知として公表した「高病原性鳥インフルエンザ防疫マニュアル」に基づくもの。トリインフルエンザは家禽ペストとも呼ばれ、感染力が強い。いったん家禽などが高病原性ウイルスに罹患すれば、ほぼ100%が死亡するとされる。香港では1997年にH5インフルエンザが生きた鶏との接触によって人間に感染した事例が報告されている。このため、養鶏従事者の健康状態の確認も進められている。

 感染源についてはまだ特定されていないが、現在、流行が起きている韓国やベトナムとの関連性も指摘されている。今回、トリインフルエンザが発生した山口県阿武郡は、韓国南東部との直線距離が300km弱しかなく、渡り鳥を介しての感染も否定できないようだ。

 農林水産省のプレスリリースはこちら、高病原性鳥インフルエンザ防疫マニュアルの全文はこちら(pdfファイル)まで。(中沢真也)

■ 新刊のご案内 ■


Information PR

北海道で発生した地震の影響により、日経メディカル、日経ヘルスケア、日経ドラッグインフォメーション各誌の2018年9月号のお届けに一部遅れが生じます。ご理解のほどお願い申しあげます。

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 外来患者自殺で開業医有責、現場で高まる懸念 リポート◎東京高裁が1審覆し自殺企図患者への対応の過失を認定 FBシェア数:685
  2. 新高血圧GL、日本は基準値140/90維持の方針 学会トピック◎第41回日本高血圧学会総会 FBシェア数:207
  3. クラビットにビオフェルミンRはOK!? セキララ告白!個別指導 FBシェア数:173
  4. 絶滅危惧種? ワルファリンの使い道はここだ プライマリ・ケア医のための心房細動入門リターンズ FBシェア数:40
  5. 「勤務医&専業主婦」は最大40万円の増税に Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:181
  6. 「先生、すごいですね」は一人前と見なされていない… シリーズ◎忘れられないカルテ FBシェア数:106
  7. 『ハリソン内科学』のハリソン先生に迫る 駒村和雄の「健康寿命で行こう」 FBシェア数:16
  8. どうします? 高齢者救急で遭遇するモヤモヤ 短期集中連載◎なぜ今『救急×緩和ケア』なのか part II FBシェア数:105
  9. 看護師ができないなら、俺たちがやろう! 特集◎忘れられないカルテ FBシェア数:45
  10. おたふくかぜを侮るな! 数百人が難聴に 保護者向け「ワクチン指導箋」を活用しよう! FBシェア数:33
医師と医学研究者におすすめの英文校正