2004.01.08

第5のスタチン系薬「リバロ」、日研化学が興和と共同販促開始

 日研化学は1月5日から、高コレステロール血症治療薬のピタバスタチンカルシウム(商品名:リバロ)について、興和新薬との共同販促を開始した。同薬は日産化学工業と興和が製造、昨年9月から三共と興和新薬が同一商品名で販売している(関連トピックス参照)。日研化学は、このうち興和新薬のプロモーションについて共同で実施する。

 わが国では高脂血症治療に用いるスタチン系薬として、1989年にプラバスタチンナトリウム(同:メバロチン)、1991年にシンバスタチン(同:リポバス)、1998年にフルバスタチンナトリウム(同:ローコール)、1999年にセリバスタチンナトリウム(同:バイコール、セルタ、2001年8月に販売中止)、2000年にアトルバスタチン(同:リピトール)が発売。2003年7月にはプラバスタチンナトリウムとシンバスタチンの後発品も発売された。

 ピタバスタチンカルシウムは、市場に先発品だけで4剤がある中への新規参入。両社は今回の共同販促により、興和新薬と日研化学の医薬情報担当者(MR)併せて1000人以上の営業パワーを結集、市場への一層の浸透を期待できるとしている。

 この件に関するニュース・リリースは、こちら(PDF形式)まで。(内山郁子)

■ 関連トピックス ■
◆ 2003.9.18 三共と興和がストロングスタチン剤「リバロ」を発売

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 手代木社長に聞く、ゾフルーザの出荷調整の理由 厚労省発表では、ゾフルーザの供給量は約40.8万人分 FBシェア数:91
  2. 釣り針が刺さったら糸1本でポーン!と抜こう EM Allianceの「知っ得、納得! ER Tips」 FBシェア数:72
  3. インフルエンザ診療に迅速検査キットは必要? 岡秀昭の「一般外来で感染症をどう診る?」 FBシェア数:226
  4. 「お楽しみ程度の経口摂取を」で本当にいいの? 吉松由貴の「誤嚥性肺炎、診療の知恵袋」 FBシェア数:220
  5. 意思を確認できない患者の情報はどこまで開示可能? 特集◎これってコンプライアンス違反?《8》家族への情報開示 FBシェア数:10
  6. 腹部エコーが「難しい」と感じるのはなぜか? 今さら聞けない画像診断のキホン FBシェア数:24
  7. ガイドラインが変わり過ぎる米、変わらない日本 記者の眼 FBシェア数:120
  8. アドレナリンが効かなかったワケ アンサングシンデレラ 病院薬剤師 葵みどり FBシェア数:147
  9. 周術期のヘパリンブリッジはもういらない? プライマリ・ケア医のための心房細動入門リターンズ FBシェア数:270
  10. やる? やらない? 事務部門の外部委託 診療所経営駆け込み寺 FBシェア数:18
医師と医学研究者におすすめの英文校正