2004.01.08

第5のスタチン系薬「リバロ」、日研化学が興和と共同販促開始

 日研化学は1月5日から、高コレステロール血症治療薬のピタバスタチンカルシウム(商品名:リバロ)について、興和新薬との共同販促を開始した。同薬は日産化学工業と興和が製造、昨年9月から三共と興和新薬が同一商品名で販売している(関連トピックス参照)。日研化学は、このうち興和新薬のプロモーションについて共同で実施する。

 わが国では高脂血症治療に用いるスタチン系薬として、1989年にプラバスタチンナトリウム(同:メバロチン)、1991年にシンバスタチン(同:リポバス)、1998年にフルバスタチンナトリウム(同:ローコール)、1999年にセリバスタチンナトリウム(同:バイコール、セルタ、2001年8月に販売中止)、2000年にアトルバスタチン(同:リピトール)が発売。2003年7月にはプラバスタチンナトリウムとシンバスタチンの後発品も発売された。

 ピタバスタチンカルシウムは、市場に先発品だけで4剤がある中への新規参入。両社は今回の共同販促により、興和新薬と日研化学の医薬情報担当者(MR)併せて1000人以上の営業パワーを結集、市場への一層の浸透を期待できるとしている。

 この件に関するニュース・リリースは、こちら(PDF形式)まで。(内山郁子)

■ 関連トピックス ■
◆ 2003.9.18 三共と興和がストロングスタチン剤「リバロ」を発売

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 初期研修は地方ですべし 「医療」ってなんだっけ FBシェア数:119
  2. パーキンソニズムの定義変更、早期からL-ドパを トレンド◎パーキンソン病ガイドラインが7年ぶりに改訂 FBシェア数:186
  3. 専攻医募集で総合診療が「惨敗」、その理由は? 記者の眼 FBシェア数:2
  4. ベンゾ長期処方が大幅減額、その対策は? リポート◎診療報酬改定で向精神薬処方がしにくくなる!? FBシェア数:16
  5. 学会のスライド撮影禁止はいつまで? 記者の眼 FBシェア数:21
  6. 医師は金遣いが荒すぎる! Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:1
  7. 2018年度ダブル改定で「看取り」の解釈が拡大 記者の眼 FBシェア数:2
  8. 東京医科大の不正入試問題は氷山の一角? 記者の眼 FBシェア数:116
  9. マイスリーの一発アウトにご注意を!? セキララ告白!個別指導 FBシェア数:0
  10. 抗不安薬:長期処方で減点もデパス人気変わらず NMO処方サーベイ FBシェア数:53
医師と医学研究者におすすめの英文校正