2004.01.06

【SARS速報】 中国衛生省とWHO、広東省の32歳男性をSARS患者と確認 

 中国衛生省と世界保健機関(WHO)は1月5日、2003年12月に発症し、隔離されている中国広東省広州市に住む32歳の男性が、検査の結果、重症急性呼吸器症候群(SARS)と確認されたと発表した。2003年7月5日にWHOがSARS流行終結宣言を発して以来、シンガポールと台湾でSARS研究者が実験室内で感染した2症例が報告されているが、一般市民が市中感染した可能性が高い症例は、今回が初めて。

 この男性は広州市に住むフリーのテレビプロデューサーで、2003年12月16日に発症し、12月20日に入院、隔離されている。患者の容態は安定しているという。患者に密接に接触した42人を含む81人の接触者はいずれも異常は見られず、自宅待機を解除されつつある。現在、WHOの支援のもとで中国政府が疫学的な調査を行っているが、現在までのところ、動物を含め、感染源は明確に特定できていないという。

 今回のケースは感染者が一人であるため、WHOのSARS警報は発令されず、旅行や通商に関する勧告も出されていない。ただし、厚生労働省検疫所では感染症情報として、広州渡航者に対して、帰国後10日以内に発熱などの症状が出た場合には、広州からの帰国者であることをあらかじめ告げた上で医師の診察を受けるよう、勧告している。

 中国衛生省のプレスリリース(中国語)はこちら、WHOのプレスリリースはこちらまで。また、厚生労働省検疫所の海外渡航者のための感染症情報はこちらまで。(中沢真也)

■ 新刊のご案内 ■

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 若年男性に生じた腹痛、必ず聞くべきことは? カンファで学ぶ臨床推論 FBシェア数:1
  2. 学会はスーツで行くべきなのか 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:500
  3. 病院の「介護医療院」転換に予想外の傾向! 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:22
  4. お尻に注入しないで!(食事中に閲覧しないで) 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:297
  5. 民間病院から大学教授を毎年輩出する秘訣 東謙二の「“虎”の病院経営日記」 FBシェア数:43
  6. 大腸癌検診は旧態依然でいいの? 田中由佳里の「ハラワタの診かた」 FBシェア数:27
  7. 記憶障害のみでゆっくり進行する認知症とは 発見者の金沢大学脳老化・神経病態学(神経内科学)教授山田正仁氏に聞く FBシェア数:95
  8. 最年少教授が拓く「臓器の芽」による新移植医療 特集◎再生医療はここまで来た!《4》 FBシェア数:233
  9. 中年期以降の飲酒量と認知症のリスク BMJ誌から FBシェア数:106
  10. 60歳代女性。胸部異常陰影 日経メディクイズ●胸部X線 FBシェア数:0
医師と医学研究者におすすめの英文校正