2003.12.19

FDA、遺伝性血液凝固異常の初のDNAによる臨床検査を承認

 米国食品医薬品局(FDA)は12月17日、V(Leiden)凝固因子とII凝固因子の異常による、遺伝性血液凝固異常の有無を見極める臨床検査キットを承認した。DNA(デオキシリボ核酸)を基にした臨床検査としてFDAが承認したのは、これが初めて。

 今回承認を受けたのは、「Factor V Leiden」キットと「Factor II (prothrombin) G20210A」キット。患者の血液から採取したDNA配列順をポリメラーゼ連鎖反応(PCR)法で複製し、凝固異常の有無を調べる。検査の対象となるのは、本人や家族に血液凝固異常の病歴がある人など。

 FDAによると、米国人のおよそ5〜10%が、V(Leiden)凝固因子とII凝固因子のどちらか一方または両方に異常があるという。同キットの製造元は、Roche Diagnostics Corporation(インディアナ州Indianapolis)。

 FDAによると、治験では、同検査キットによって、V(Leiden)凝固因子とII凝固因子の異常の有無を、ほぼ完全に見極めることができたという。

 詳しくは、FDAによるニュース・リリースまで。(當麻 あづさ、医療ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. イメージ論文の書き方(ひな型公開!) 市中病院からトップジャーナルを狙おう!
  2. 4通りのeGFR計算式の精度を検証する JAMA Intern Med誌から
  3. プライマリ・ケア連合学会、総合診療医にサブスペシ… 新・家庭医療専門医、病院総合診療専門医を養成
  4. 手指、足関節、橈骨遠位端の骨折はどう固定? AntaaQAピックアップ
  5. 顕在化する在宅の暴力・ハラスメント 記者の眼
  6. 【レッスン9】異常陰影を指摘せよ(難易度 低) 山口哲生の「目指せ!肺癌検診の達人」
  7. 日本プライマリ・ケア連合学会が総合医育成プログラ… 学会トピック◎第10回日本プライマリ・ケア連合学会学術大会
  8. リラックスを誘う「幸せ吐息」をマスターしよう 働く仲間を楽にする ナースのための人間関係メンテナンス術
  9. 急性胆管炎・胆嚢炎ガイドラインはこう変わった インタビュー◎国際基準「Tokyoガイドライン」が大幅改訂
  10. 口唇創の縫合、細い糸で密に?太い糸で寄せる? AntaaQAピックアップ
医師と医学研究者におすすめの英文校正