2003.12.19

FDA、遺伝性血液凝固異常の初のDNAによる臨床検査を承認

 米国食品医薬品局(FDA)は12月17日、V(Leiden)凝固因子とII凝固因子の異常による、遺伝性血液凝固異常の有無を見極める臨床検査キットを承認した。DNA(デオキシリボ核酸)を基にした臨床検査としてFDAが承認したのは、これが初めて。

 今回承認を受けたのは、「Factor V Leiden」キットと「Factor II (prothrombin) G20210A」キット。患者の血液から採取したDNA配列順をポリメラーゼ連鎖反応(PCR)法で複製し、凝固異常の有無を調べる。検査の対象となるのは、本人や家族に血液凝固異常の病歴がある人など。

 FDAによると、米国人のおよそ5〜10%が、V(Leiden)凝固因子とII凝固因子のどちらか一方または両方に異常があるという。同キットの製造元は、Roche Diagnostics Corporation(インディアナ州Indianapolis)。

 FDAによると、治験では、同検査キットによって、V(Leiden)凝固因子とII凝固因子の異常の有無を、ほぼ完全に見極めることができたという。

 詳しくは、FDAによるニュース・リリースまで。(當麻 あづさ、医療ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 医師国試合格発表、合格率は89.0%にダウン 9029人の新医師が誕生、あなたの大学の合格率は? FBシェア数:228
  2. 休憩室から漏れ聞こえる話に院長が抱いた疑問 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:66
  3. 自己決定による治療中止に警察は介入しない 武蔵野大学法学部法律学科特任教授の樋口範雄氏に聞く FBシェア数:137
  4. 50代開業におけるライバルは若手。手ごわいよ シリーズ◎何でもPros Cons【50代、開業する? 勤務医続ける?】 FBシェア数:12
  5. 大学病院での勤務経験はそんなに大切ですか? シリーズ◎何でもPros Cons【ずっと市中病院勤務はアリ?】 FBシェア数:29
  6. 20世紀建築の巨匠が画家として描いた代表作 日経おとなのOFF presents 医師の絶対教養 美術編 FBシェア数:0
  7. 感染対策における俺たち例外主義(その1) 森井大一の「医療と経済と行政の交差点」 FBシェア数:24
  8. 「透析しない選択肢」も意思決定支援に必要 東京大学大学院人文社会系研究科上廣死生学・応用倫理講座特任教授の会田薫子氏に聞く FBシェア数:1435
  9. なぜ人気? 会費がバカ高い米国の学会 特集◎新専門医制度時代の学会と専門医《9》 FBシェア数:78
  10. 「50代で開業する」は実は少数派だった! シリーズ◎何でもPros Cons【50代で開業する? 勤務医続ける?】 FBシェア数:6
医師と医学研究者におすすめの英文校正