日経メディカルのロゴ画像

2003.12.16

【読者の声】「2型糖尿病診療の実際」調査から その10 「精神科まで含めた総合内科医の力量が求められる診療分野だと」ほか

 MedWaveをフィールドに2003年10月に実施しました「2型糖尿病診療の実際」調査から、自由意見を紹介します。本日は、その他専門科目で200床未満の病院にお勤めの方々からのものです。日常診療の何らかのお役に立てば幸いです。ご意見、ご感想は、MedWave編集部までお願いします。

◆糖尿病性格があると思われ、通院する人はまだましだが、実際はかなり合併症が進んだ状態まで放置されているか、医療機関を受信しない人が多いように思われる。病気の啓蒙をもっと進める方法はないか。<30〜39歳、その他の科目、東京都>

◆糖尿病の治療は、まずは食事療法や運動量法などのライフスタイルの改善の指導を重要視すべきである。それらの指導をしないで、ただ薬を処方している例が多すぎる。合併症に関しても知らない患者さんが多く、医師の説明が不十分なことが多い。<30〜39歳、その他の科目、新潟県>

◆選択が多いようでいて、結局は使い慣れたものを投与してしまう傾向にあります。<40〜49歳、その他の科目、北海道>

◆精神科まで含めた総合内科医の力量が求められる診療分野だと思う。誤解を恐れずに言えば血糖コントロールは、その断片に過ぎない。<40〜49歳、その他の科目、東京都>

◆長期予後を常に念頭に、根気強く患者と接する。<30〜39歳、その他の科目、岡山県>

◆高齢者は食事、運動療法が無理。<60〜69歳、その他の科目、徳島県>

◆患者の自己責任による自己管理という観点が非常に重要な疾患であり、診療行為の保険適応について論議が必要である。<40〜49歳、その他の科目、熊本県>

◆ブドウ糖負荷試験はあまり有益でなく、廃止すべき。<30〜39歳、その他の科目、兵庫県>

◆じみな仕事ですぐには評価されない。患者も有り難がらない。<40〜49歳、その他の科目、北海道>