2003.12.16

【読者の声】「2型糖尿病診療の実際」調査から その10 「精神科まで含めた総合内科医の力量が求められる診療分野だと」ほか

 MedWaveをフィールドに2003年10月に実施しました「2型糖尿病診療の実際」調査から、自由意見を紹介します。本日は、その他専門科目で200床未満の病院にお勤めの方々からのものです。日常診療の何らかのお役に立てば幸いです。ご意見、ご感想は、MedWave編集部までお願いします。

◆糖尿病性格があると思われ、通院する人はまだましだが、実際はかなり合併症が進んだ状態まで放置されているか、医療機関を受信しない人が多いように思われる。病気の啓蒙をもっと進める方法はないか。<30〜39歳、その他の科目、東京都>

◆糖尿病の治療は、まずは食事療法や運動量法などのライフスタイルの改善の指導を重要視すべきである。それらの指導をしないで、ただ薬を処方している例が多すぎる。合併症に関しても知らない患者さんが多く、医師の説明が不十分なことが多い。<30〜39歳、その他の科目、新潟県>

◆選択が多いようでいて、結局は使い慣れたものを投与してしまう傾向にあります。<40〜49歳、その他の科目、北海道>

◆精神科まで含めた総合内科医の力量が求められる診療分野だと思う。誤解を恐れずに言えば血糖コントロールは、その断片に過ぎない。<40〜49歳、その他の科目、東京都>

◆長期予後を常に念頭に、根気強く患者と接する。<30〜39歳、その他の科目、岡山県>

◆高齢者は食事、運動療法が無理。<60〜69歳、その他の科目、徳島県>

◆患者の自己責任による自己管理という観点が非常に重要な疾患であり、診療行為の保険適応について論議が必要である。<40〜49歳、その他の科目、熊本県>

◆ブドウ糖負荷試験はあまり有益でなく、廃止すべき。<30〜39歳、その他の科目、兵庫県>

◆じみな仕事ですぐには評価されない。患者も有り難がらない。<40〜49歳、その他の科目、北海道>

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 【レッスン9】異常陰影を指摘せよ(難易度 低) 山口哲生の「目指せ!肺癌検診の達人」
  2. 急性胆管炎・胆嚢炎ガイドラインはこう変わった インタビュー◎国際基準「Tokyoガイドライン」が大幅改訂
  3. 患者さんを無意識に傷つける「善意という呪い」 Dr.西&Dr.宮森の「高齢者診療はエビデンスだけじゃいかんのです」
  4. 顕在化する在宅の暴力・ハラスメント 記者の眼
  5. 爪が少しずつ剥離していくんですが… 佐藤俊次の「毎日使うダーモスコピー!」
  6. 透析見合わせを患者と話すときに医療者が心がけるべ… インタビュー◎透析医学会の提言の背景にあるもの
  7. 春に多い「ジアノッティ症候群」をご存じですか 【臨床講座】ドキュメント皮膚科外来
  8. 「研修医じゃだめだ、上級医を呼んで来い!」 アンサングシンデレラ 病院薬剤師 葵みどり
  9. 複数医師で外来、在宅をスムーズに回すコツは? 診療所経営駆け込み寺
  10. HFpEFの正体はNOの異常? 古川哲史の「基礎と臨床の架け橋」
医師と医学研究者におすすめの英文校正