2003.12.16

【読者の声】「2型糖尿病診療の実際」調査から その9 「薬剤師、栄養士、眼科医師など、チーム医療が必要だが」ほか

 MedWaveをフィールドに2003年10月に実施しました「2型糖尿病診療の実際」調査から、自由意見を紹介します。本日は、その他専門科目で200床以上の病院にお勤めの方々からのものです。日常診療の何らかのお役に立てば幸いです。ご意見、ご感想は、MedWave編集部までお願いします。

◆産科医です。内科の先生には、生殖年齢女性への血糖コントロールを積極的にお願いしたい。経口糖尿病薬の催奇形性の問題より、高血糖による催奇形性の問題の方がはるかに重大であると思われる。<30〜39歳、産婦人科、埼玉県>

◆日常生活の改善が最も重要。<40〜49歳、その他の科目、奈良県>

◆専門でない先生が診ていることが多すぎる。<30歳未満、その他の科目、茨城県>

◆食事療法、運動療法といった基本的治療を患者さんに理解してもらうことがますます難しくなっている。<40〜49歳、その他の科目、宮城県>

◆合併症の多い末期糖尿病患者を診療する機会の多い腎臓内科医、循環器科医、神経内科医(脳内科医)に糖尿病診療に関する十分な知識が必要。<30〜39歳、その他の科目、大阪府>

◆薬剤師、栄養士、眼科医師など、チーム医療が必要だが、なかなか上手くいかない点がもどかしい。<30〜39歳、その他の科目、神奈川県>

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 1歳10カ月男児。食物アレルギー精査 日経メディクイズ●小児
  2. 経口第3世代セフェムは薬学的に「だいたいうんこ」… 第67回日本化学療法学会より
  3. 診断エラー・カンファレンスの秘訣 診断エラー学のすすめ
  4. SNRI:サインバルタがシェア9割の断トツ人気 NMO処方サーベイ
  5. 「HPVワクチン名誉毀損訴訟」で抱く違和感 弁護医師・田邉昇の『医と法の視点』
  6. 発熱と鎖骨付近の疼痛、見逃しNGの2疾患は? カンファで学ぶ臨床推論
  7. 第二の人生、「働きたいと思える病院」の探し方 キャリアお悩み相談室
  8. 家計にとって子どもは「負債」なのか Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」
  9. どうなっている?メソトレキセートの供給不足 米国向け製剤を緊急輸入
  10. 渡航歴あり発熱患者で注意すべき3疾患と検査法 カンファで学ぶ臨床推論
医師と医学研究者におすすめの英文校正