2003.12.16

【読者の声】「2型糖尿病診療の実際」調査から その7 「自覚症状がないので治療に関心のない患者が多い」ほか

 MedWaveをフィールドに2003年10月に実施しました「2型糖尿病診療の実際」調査から、自由意見を紹介します。本日は、消化器内科で病院にお勤めの方々からのものです。日常診療の何らかのお役に立てば幸いです。ご意見、ご感想は、MedWave編集部までお願いします。

◆自覚症状がないので治療に関心のない患者が多く、十分な教育が必要不可欠である。軽症のうちから十分に時間をかけて診療にあたるべきである。<30〜39歳、茨城県>

◆現在は超速効型インスリンの導入により早めのインスリン導入をしています。早い方が離脱の可能性もあるし、患者さんに糖尿病である意識付けにもなります。<30〜39歳、岡山県>

◆糖尿病患者が極めて多いので、多くの人に糖尿病を知ってもらうように、教育番組や新聞などでテーマにして欲しい。<30〜39歳、東京都>

◆糖尿病にはまず患者意識が重要。糖尿病は医師だけでなく、看護師、理学療法士、栄養士などコメディカルのスタッフの協力が不可欠である。<30〜39歳、島根県>

◆言う事をきかない人が多くて困る。<30〜39歳、東京都>

◆急激な血糖変動がなければ、ある程度ゆるめの治療でも合併症は出にくいような感じがする。<40〜49歳、長崎県>

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 【レッスン9】異常陰影を指摘せよ(難易度 低) 山口哲生の「目指せ!肺癌検診の達人」
  2. 急性胆管炎・胆嚢炎ガイドラインはこう変わった インタビュー◎国際基準「Tokyoガイドライン」が大幅改訂
  3. 患者さんを無意識に傷つける「善意という呪い」 Dr.西&Dr.宮森の「高齢者診療はエビデンスだけじゃいかんのです」
  4. 顕在化する在宅の暴力・ハラスメント 記者の眼
  5. 爪が少しずつ剥離していくんですが… 佐藤俊次の「毎日使うダーモスコピー!」
  6. 透析見合わせを患者と話すときに医療者が心がけるべ… インタビュー◎透析医学会の提言の背景にあるもの
  7. 春に多い「ジアノッティ症候群」をご存じですか 【臨床講座】ドキュメント皮膚科外来
  8. 「研修医じゃだめだ、上級医を呼んで来い!」 アンサングシンデレラ 病院薬剤師 葵みどり
  9. 複数医師で外来、在宅をスムーズに回すコツは? 診療所経営駆け込み寺
  10. HFpEFの正体はNOの異常? 古川哲史の「基礎と臨床の架け橋」
医師と医学研究者におすすめの英文校正