2003.12.16

【読者の声】「2型糖尿病診療の実際」調査から その5 「医師がはたせる役割、医師の知識が役立つことは半分程度」ほか

 MedWaveをフィールドに2003年10月に実施しました「2型糖尿病診療の実際」調査から、自由意見を紹介します。本日は、循環器内科で200床以上の病院にお勤めの方々からのものです。日常診療の何らかのお役に立てば幸いです。ご意見、ご感想は、MedWave編集部までお願いします。

 今回調査にご協力いただいた292人の方には、この場を借りまして、再度御礼を申し上げます。ありがとうございました。

◆非糖尿病だが境界例をどうしていったらよいのか。循環器医としては血糖はコントロールできたものの、どのくらい予後に介入できているのか、はたまた中途半端な治療のみでは意味がないのかが難しく一番知りたいポイントである。<30〜39歳、兵庫県>

◆糖尿病治療で医師がはたせる役割、医師の知識が役立つことは半分程度だと考えている。日常診療で遭遇する糖尿病患者はほとんどある程度の肥満をかかえており、その患者の意識改善、生活改善、食生活改善、BMI改善が肝心肝要と考えており、そのための患者教育に時間を膨大にさいている。<30〜39歳、大阪府>

◆糖尿病患者の治療が重要なのはもちろんであるが、境界型などの予備軍に対する治療介入も同等に重要である。心筋梗塞などの大血管障害は境界型でも高率に発症している。<50〜59歳、徳島県>

◆最近、糖尿病あるいはIGTが増えていると実感する。またそれに伴い狭心症も増えていると実感する。<40〜49歳、東京都>

◆狭心症などの循環器疾患の見落としが多い。<30〜39歳、香川県>

◆基本は食事療法と標準体重の維持だと考えているので、患者さんには常にその重要性と同時に本疾患によってもたらされる弊害について強調するようにしている。<60〜69歳、東京都>

◆基本は食事、運動といった生活習慣の改善であるが、実際の診療では薬物療法に頼りすぎていると思う。<30〜39歳、長野県>

◆日本糖尿病学会で糖尿病診療の標準的な指針を具体的に策定して欲しい。<40〜49歳、香川県>

◆糖尿病の、各々の病態、特に食後高血糖の程度やDMの罹病期間などにより薬を調整する。また、合併症、特に心、脳血管や腎症は定期的なチェックが必要である。<30〜39歳、北海道>

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 餅の窒息や風呂での溺水で警察は呼ぶ? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:16
  2. 【レッスン5】異常陰影を指摘せよ(難易度 中) 山口哲生の「目指せ!肺癌検診の達人」 FBシェア数:19
  3. 周術期のヘパリンブリッジはもういらない? プライマリ・ケア医のための心房細動入門リターンズ FBシェア数:205
  4. 大腸ポリープが腫瘍かどうかをAIが瞬時に判定 トレンド◎AI搭載の診断支援ソフトが国内初承認、年内発売へ FBシェア数:47
  5. 過敏性腸症候群ではプラセボ効果も治療のうち 田中由佳里の「ハラワタの診かた」 FBシェア数:51
  6. 敗血症へのステロイド投与のメタアナリシス JAMA Internal Medicine誌から FBシェア数:41
  7. この処方箋の患者はかぜ?それとも肺炎? 短期連載(1):Dr.キタカズの「成人市中肺炎の処方箋」 FBシェア数:39
  8. 外来での感染症診療は適切なアセスメントから 岡秀昭の「一般外来で感染症をどう診る?」 FBシェア数:107
  9. 職員を採用できずに開業した医師が語った事情 その開業、本当に大丈夫ですか? FBシェア数:49
  10. スギ花粉、関東以南は2月中旬から飛散開始 日本気象協会発表、花粉量は例年よりも多いが前シーズンより少なめ FBシェア数:6
医師と医学研究者におすすめの英文校正