2003.12.16

【読者の声】「2型糖尿病診療の実際」調査から その4 「冬期間の運動不足によるコントロール悪化に苦慮」ほか

 MedWaveをフィールドに2003年10月に実施しました「2型糖尿病診療の実際」調査から、自由意見を紹介します。本日は、循環器内科で診療所にお勤めの方々からのものです。日常診療の何らかのお役に立てば幸いです。ご意見、ご感想は、MedWave編集部までお願いします。

 今回調査にご協力いただいた292人の方には、この場を借りまして、再度御礼を申し上げます。ありがとうございました。

◆慢性疾患でほぼ永久的に治療を要するために、薬価が安いこと、服薬回数が少ないこと、副作用が少ないことを重視して薬剤処方を行うべき。<50〜59歳、福岡県>

◆冬期間の運動不足によるコントロール悪化に苦慮しています。冬期間用の対策を検討して欲しい。<50〜59歳、北海道>

◆多くの症例では自覚症状がないためか、アルコールを含む食事療法が不十分な症例が多い。あまりこうした事を口うるさく言うと、来院も間遠になってしまいかえって良くない場合もある。<60〜69歳、大阪府>

◆食品交換表が高齢者には理解しにくい。もっと簡素で理解しやすい食事療法の指標を学会で作成し、一般に広く公表すべきと考える。<40〜49歳、大分県>

◆食事療法の徹底をもっと図らなければいけないのに、国は食品メーカーの顔色を疑っており、積極的な政策をたてられないでいる。もっとマスコミを通じて、カロリー制限を大々的に宣伝すべきである。<50〜59歳、石川県>

◆合併症が多く、どうしても薬が多くなりがちだ。かつ、費用がかかる。2型糖尿病すべて価格の安いBG剤だけで治療できるという報道や、それにすべきという報道があり、非現実的である。<40〜49歳、広島県>

◆検査値で見るだけでは一見同様に見えるような場合であっても,個々の症例により全く病態が異なることが多いので,各人に合わせてカスタマイズしたテーラーメード診療が重要と思われる。<40〜49歳、東京都>

◆基本である食事運動療法が不十分なまま薬物療法に移行し過ぎる。<50〜59歳、静岡県>

◆患者の生活指導が最も大変。<40〜49歳、徳島県>

◆自己管理のための教育、指導が難しい。<60〜69歳、埼玉県>

◆ヘモグロビンA1cの採血が保険上、毎月1回しかできず、5週間ある月は困惑している。<30〜39歳、北海道>

◆キャラクターがユニークな人が多く、疲れることもある。<40〜49歳、愛知県>

◆インスリン抵抗性、インスリン分泌不足などの日常診療に使える確固とした指標がまだなく、第一選択薬やガイドラインが明確でない。同様に早期インスリン療法の指針とガイドライン、離脱の指標についてのガイドラインがない。<40〜49歳、東京都>

◆SU剤による肥満に注意してほしい。<40〜49歳、神奈川県>

◆2型DMの治療においては単に血糖降下だけでなくインスリン抵抗性の改善が重要であると思う。特にすでに冠動脈疾患を合併している軽症DMでは血糖コントロールだけではイベント抑制ができない可能性がある。高インスリン血症を伴うIGT、早期DM、あるいは食後高血糖のみの症例に対する介入も必要であると思うが、現時点ではコンセンサスがないので、個別に対処している。<40〜49歳、京都府>

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. ベンゾ長期処方が大幅減額、その対策は? リポート◎診療報酬改定で向精神薬処方がしにくくなる!? FBシェア数:14
  2. 医師は金遣いが荒すぎる! Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:1
  3. 「急変時どうしますか」って聞いちゃいます? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:0
  4. CKDのあるAF患者に抗凝固薬を使うべきか? BMJ誌から FBシェア数:0
  5. 東京医科大の不正入試問題は氷山の一角? 記者の眼 FBシェア数:113
  6. マイスリーの一発アウトにご注意を!? セキララ告白!個別指導 FBシェア数:0
  7. 医師も患者も怖い「原因不明」の病の正体 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:3
  8. 安全な飲酒量の目安はエタノール週100g以下 Lancet誌から FBシェア数:16
  9. 敗血症性ショックにステロイド併用の利益あり NEJM誌から FBシェア数:0
  10. 総合診療専門医の状況にもう黙ってはいられない シリーズ◎どうなる新専門医制度 FBシェア数:0
医師と医学研究者におすすめの英文校正