日経メディカルのロゴ画像

2003.12.16

【読者の声】「2型糖尿病診療の実際」調査から その3 「いかにしてドロップアウトをさせないかということを第一に」ほか

 MedWaveをフィールドに2003年10月に実施しました「2型糖尿病診療の実際」調査から、自由意見を紹介します。本日は、糖尿病・内分泌代謝内科で200床未満の病院にお勤めの方々からのものです。日常診療の何らかのお役に立てば幸いです。ご意見、ご感想は、MedWave編集部までお願いします。

 今回調査にご協力いただいた292人の方には、この場を借りまして、再度御礼を申し上げます。ありがとうございました。

◆糖尿病の新しい薬物がたくさん出ているが、特に日本人は新しいものを使いたがる。BG剤など古いもののほうが有効性・安全性が確立している。新しい薬物より、有効性・安全性の確立したものを使うべきだ。<30〜39歳、広島県>

◆食事療法をはじめとする生活指導を充分にせずに、安易に経口糖尿病薬が投与されているケースがある。また、明らかにインスリン治療の適応なのに、漫然と経口剤が投与され続けているケースが見受けられる。<40〜49歳、宮城県>

◆症状が無いために、合併症を発現するまで、コントロールが悪いのを患者のせいにしたり、コントロールできないくせにしっかりと糖尿病医に紹介しない一般医が多すぎる。一般医など医師の診療レベルを上げることが重要である。<30〜39歳、静岡県>

◆作用機序が違う薬がさまざまあり、患者の病態にあった投与がますます重要である。<40〜49歳、北海道>

◆吸入型インスリンが早くでてほしい。<30〜39歳、大分県>

◆インスリン注射を積極的に用いるべきだ。<30〜39歳、兵庫県>

◆糖尿病診療では、いかにしてドロップアウトをさせないかということを第一に考えている。治療中断が合併症発症など予後不良の最大の原因である。<60〜69歳、福岡県>