2003.12.16

【読者の声】「2型糖尿病診療の実際」調査から その2 「食事および運動療法は一番効果が上がるが、時間がかかり、根気が必要」ほか

 MedWaveをフィールドに2003年10月に実施しました「2型糖尿病診療の実際」調査から、自由意見を紹介します。本日は、糖尿病・内分泌代謝内科で200床以上の病院にお勤めの方々からのものです。日常診療の何らかのお役に立てば幸いです。ご意見、ご感想は、MedWave編集部までお願いします。

 今回調査にご協力いただいた292人の方には、この場を借りまして、再度御礼を申し上げます。ありがとうございました。

◆費用対効果を考えた治療をするとなると、今の新しい薬は効果的には優れていても、患者負担が大きすぎる。費用を少なくするにはSU薬が一番で、しかもすぐ効果があがる。食事および運動療法は一番効果が上がるが、時間がかかり、根気が必要である。患者も医者もすぐに血糖を下げることを優先しすぎているような気がする。薬で血糖を下げる必要がない人に薬を処方しすぎる。血糖を薬で下げても、肥満が改善しなければ、結局ほかの命にかかわる動脈硬化疾患は十分防げないと思う。<30〜39歳、宮城県>

◆肥満の中年女性の治療には一番苦労している。食生活の改善もなかなか進まないのが現状。<50〜59歳、北海道>

◆内服治療は本筋ではない。食事管理と運動指導にてコントロールがつかなければインスリンを使うべきだが、まだ持続型インスリンが日本では発売されていない。それ以上に本当に困るのは、多くの日本人には自己管理に関しての責任感が欠如しており、サイエンスを理解して自分の生活に生かそうと云うインテリジェンスが著しくかけている点である。<40〜49歳、沖縄県>

◆現在も合併症が進展してから受診するケースが後を絶たない。さらなる啓蒙が必要である。<40〜49歳、大阪府>

◆血糖コントロールが悪化した時、経口血糖降下剤の種類を増やすことが一般に良く行われています。場合によっては3や4剤に増える場合もあるわけですが、薬剤費を考慮すると多剤療法の有用性(有効性と安全性)は満足いくものなのか。それとも早期にインスリン療法を導入すべきか、この点がもっと論議されるべきではないでしょうか。<40〜49歳、大阪府>

◆過疎地では高齢者の糖尿病患者を診療する機会が多く、どこまでコントロールをしていけば良いのか悩むことが多いです。常に生命予後や低血糖のリスクを考えながらの治療を行っています。<30〜39歳、鹿児島県>

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 手代木社長に聞く、ゾフルーザの出荷調整の理由 厚労省発表では、ゾフルーザの供給量は約40.8万人分 FBシェア数:91
  2. 釣り針が刺さったら糸1本でポーン!と抜こう EM Allianceの「知っ得、納得! ER Tips」 FBシェア数:72
  3. インフルエンザ診療に迅速検査キットは必要? 岡秀昭の「一般外来で感染症をどう診る?」 FBシェア数:226
  4. 「お楽しみ程度の経口摂取を」で本当にいいの? 吉松由貴の「誤嚥性肺炎、診療の知恵袋」 FBシェア数:220
  5. 意思を確認できない患者の情報はどこまで開示可能? 特集◎これってコンプライアンス違反?《8》家族への情報開示 FBシェア数:10
  6. 腹部エコーが「難しい」と感じるのはなぜか? 今さら聞けない画像診断のキホン FBシェア数:24
  7. ガイドラインが変わり過ぎる米、変わらない日本 記者の眼 FBシェア数:120
  8. アドレナリンが効かなかったワケ アンサングシンデレラ 病院薬剤師 葵みどり FBシェア数:147
  9. 周術期のヘパリンブリッジはもういらない? プライマリ・ケア医のための心房細動入門リターンズ FBシェア数:270
  10. やる? やらない? 事務部門の外部委託 診療所経営駆け込み寺 FBシェア数:18
医師と医学研究者におすすめの英文校正