2003.12.15

米国厚生省、25万用量のインフルエンザワクチンを購入

 米国厚生省(HHS)は12月11日、米国の一部地域で不足しているインフルエンザワクチンを、25万用量購入したことを発表した。このうち10万用量が成人用、15万用量が小児用で、今週末にも全米の州に配布する。HHSが、今シーズンのインフルエンザ流行とワクチン不足を、深刻に受け止めていることがうかがえる。

 米国では今シーズン、これまでに8300万用量のワクチンが各地域に配布されている。だが、今年のインフルエンザの流行は例年より早く始まっており、またワクチン投与を受ける人の出足も早かったため、一部地域ではワクチンの不足が発生している。

 今回のワクチンは、製造元のAventis Pasteur社から購入したもの。HHSは、今後もワクチンの追加購入について可能性を追求し続けるとしている。

 また、インフルエンザの予防や他人への感染予防対策として、以下のような呼びかけをしている。

1.頻繁に、石けんを使い暖かいお湯で手を洗う。子供にも、同様のしつけをする。
2.もしインフルエンザやかぜをひいてしまったら、咳やくしゃみをする時には鼻と口を覆い、使ったちり紙は適切な場所に捨てる。インフルエンザのような症状がある時には、長期介護施設への訪問は避ける。
3.具合が悪い時には、回復するまで仕事や学校は休む。

 HHSによるニュース・リリースは、こちらまで。(當麻 あづさ、医療ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 57歳女性。発熱、両下肢の痛み、爪の変色。 日経メディクイズ●救急 FBシェア数:0
  2. 開業医は長生きできない? 死亡時年齢は70.8歳 岐阜県保険医協会が寿命に関する調査結果を公表 FBシェア数:1522
  3. 【レッスン7】異常陰影を指摘せよ(難易度 中) 山口哲生の「目指せ!肺癌検診の達人」 FBシェア数:43
  4. 医師国試合格発表、合格率は89.0%にダウン 9029人の新医師が誕生、あなたの大学の合格率は? FBシェア数:531
  5. 終末期、患者に選択肢を提示するのはタブー 日本赤十字社医療センター救急科の山下智幸氏に聞く FBシェア数:558
  6. 70 歳女性。脈の結滞 日経メディクイズ●心電図 FBシェア数:0
  7. アレジオン点眼液が人気、コンタクトOKを評価 NMO処方サーベイ FBシェア数:91
  8. 自己決定による治療中止に警察は介入しない 武蔵野大学法学部法律学科特任教授の樋口範雄氏に聞く FBシェア数:298
  9. PCI後の抗凝固薬・抗血小板薬併用はいつまで? プライマリ・ケア医のための心房細動入門リターンズ FBシェア数:80
  10. 配偶者に「医師以外」を望む医師が7割 シリーズ◎何でもPros Cons【配偶者は医師がいい?】 FBシェア数:107
医師と医学研究者におすすめの英文校正