2003.12.10

【続報】【インフルエンザ速報】 香港保健局、5歳男児の鼻咽頭からトリインフルエンザウイルス(H9N2)を検出と発表 

 香港保健局は12月9日、インフルエンザ様症状で入院した5歳男児の鼻咽頭吸引検体から、A型トリインフルエンザウイルス(H9N2)が検出されたと発表した。香港でH9N2ウイルスが検出されたのは1999年に女児2人から検出されて以来、2度目。保健局は、世界保健機関(WHO)とマカオ、広東州に通報した。

 この男児は11月25日に発症し、発熱と咳、鼻水などのインフルエンザ様症状を呈して、11月27日にUnited Christian Hospitalに入院、2日後の29日に退院した。男児は香港外に出たことはなく、当局は、前例から推察して、孤発のトリ−ヒト感染である可能性が高いと見ている。男児の家族に軽い咳症状を呈している者がいるという。

 同局は医療関係者や幼稚園、学校などに注意喚起するとともに、市民に対して、家禽との接触を極力避け、生きている家禽に触れた場合には石鹸を使って手を入念に洗うよう求めている。

 香港保健局のプレスリリースはこちらまで。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. イメージ論文の書き方(ひな型公開!) 市中病院からトップジャーナルを狙おう!
  2. 4通りのeGFR計算式の精度を検証する JAMA Intern Med誌から
  3. プライマリ・ケア連合学会、総合診療医にサブスペシ… 新・家庭医療専門医、病院総合診療専門医を養成
  4. 手指、足関節、橈骨遠位端の骨折はどう固定? AntaaQAピックアップ
  5. 顕在化する在宅の暴力・ハラスメント 記者の眼
  6. 【レッスン9】異常陰影を指摘せよ(難易度 低) 山口哲生の「目指せ!肺癌検診の達人」
  7. 日本プライマリ・ケア連合学会が総合医育成プログラ… 学会トピック◎第10回日本プライマリ・ケア連合学会学術大会
  8. リラックスを誘う「幸せ吐息」をマスターしよう 働く仲間を楽にする ナースのための人間関係メンテナンス術
  9. 急性胆管炎・胆嚢炎ガイドラインはこう変わった インタビュー◎国際基準「Tokyoガイドライン」が大幅改訂
  10. 口唇創の縫合、細い糸で密に?太い糸で寄せる? AntaaQAピックアップ
医師と医学研究者におすすめの英文校正