2003.12.10

【インフルエンザ速報】 香港で5歳児がトリインフルエンザH9N2に感染 

 香港の複数の地元紙が香港保健局の発表として伝えたところによると、香港の九龍島の西端にある観糖(Kwun Tong)地区で、インフルエンザ様症状を呈した5歳の男児から、トリインフルエンザウイルスの一種であるH9N2が検出されたもようだ。男児は完治し、退院したという。H9N2の人への感染は非常にまれで、最近では香港で1999年に2人の幼児などが感染し、回復している例がある。

 1999年の香港におけるH9N2の感染例については、こちらまで。(中沢真也)

■ 関連図書 ■

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 脳卒中って、そんなに分かりにくいですか? うさコメント!
  2. 日本の医療訴訟、診断エラーが原因は39.3% 学会トピック◎第19回日本病院総合診療医学会学術総会
  3. 死亡診断書の「死亡場所」の整理に異議あり! 記者の眼
  4. 【動画】待合室から診察は始まる(前編) 國松淳和の「患者を磁石のように惹き付ける初診外来術」
  5. ゾフルーザ低感受性、小児例で症状が長引く傾向 インフルエンザ診療Next:トピックス
  6. 栄養補給の「ギアチェンジ」のタイミングは? 平方眞の「看取りの技術」
  7. 吸入ステロイドは毎日使わなくてもよい? Lancet誌から
  8. 2020年度診療報酬改定に向け第2ラウンド開始 シリーズ◎2020診療報酬改定
  9. その精神科診断は必要か 宮岡等の「精神科医のひとりごと」
  10. バスキアの描く頭部が「ドクロ」や「仮面」に似てい… 日経おとなのOFF presents 医師の絶対教養 美術編
医師と医学研究者におすすめの英文校正